水を使わないから保存が利いちゃう、きゃらぶき レシピ・作り方

水を使わないから保存が利いちゃう、きゃらぶき
  • 1時間以上
  • 300円前後
つきミテハねる
つきミテハねる
日本酒だけで煮込むので、長期保存が可能です。また保存性が高いので、お弁当のおかずに最適です。

材料(2人分)

  • ふき 1把
  • 昆布 5cmほど
  • 削り節 1パック
  • 日本酒(辛口) 150cc
  • しょうゆ 50cc
  • みりん 50cc
  • 三温糖(上白糖でも可) 小さじ3
  • 粗塩(分量外・ふきのアク取り用) 適宜

作り方

  1. 1 昆布を2~3ミリ幅にカットし、日本酒に漬け込んでおく(これが調理の基本液となる)。
  2. 2 ふきを洗って、葉と茎に切り分ける。茎をまな板にとり、粗塩を振って板ずり(まな板上で両手を漬かってふきを押し転がす)をする。
  3. 3 ふきの葉のうち、きれいなものを何枚かより分け、三等分くらいに切る。
  4. 4 2のふきを熱湯で10分ほど茹で、アク抜きをする。この時に、3の葉も軽く湯がいておく。
  5. 5 茹で上がったふきを水にさらす。流水であれば10~15分ほど、もしくは水を何度か替えながら40分くらいさらす。
    なお、水にさらしながらふきの皮をむいておく。葉も水気を絞って刻む。
  6. 6 1の基本液にしょうゆ・みりん・砂糖を加え、中火に掛けて下茹でしたふきを煮込む。
    煮汁が半量くらいになったら、ふきの葉も加えてさらに煮込む。
  7. 7 煮汁が1/3以下に減ったら、削り節を加える。その後、水分を飛ばすように炒り煮にしする。
    ほぼ水分が飛んだら完成♪

きっかけ

ごく普通のきゃらぶきですが、水を使わずに調理する点がポイントです(^^)

おいしくなるコツ

・ふきふきが細い場合は、皮をむかなくても大丈夫です。 ・苦みがダメな人は、ふきの葉を入れない方がいいでしょう。 ・上白糖を使う場合は、分量よりも少なめにします。 ・自分で摘んだふきを使う場合は、アクが強いので水にさらす時間を長くしましょう。

  • レシピID:1330000490
  • 公開日:2011/02/11

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
ふき
料理名
きゃらぶき
つきミテハねる
  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(3件)

  • ランタナN
    ランタナN
    2020/04/29 08:46
    水を使わないから保存が利いちゃう、きゃらぶき
    美味しく出来ました。ありがとうございました
  • 春よ来い274
    春よ来い274
    2017/05/30 08:36
    水を使わないから保存が利いちゃう、きゃらぶき
    蕗をたくさんもらったので保存できるこのレシピは良かったです。
  • rausukun
    rausukun
    2017/05/03 12:45
    水を使わないから保存が利いちゃう、きゃらぶき
    山で山フキをとってきたので作ってみました(^^)簡単にできました
    昆布や鰹節が入っていい感じでした
    お弁当に入れてます^_^

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る