どんぶりランチボックス用親子丼 レシピ・作り方

どんぶりランチボックス用親子丼
  • 約15分
  • 100円以下
tara@minfannote
tara@minfannote
食べる前にのせて出来たて風にいただける、どんぶり型のお弁当箱用です。
女子用に出来上がり量が150gいう、ちょっと少なめの分量なので、普段の小どんぶりにもOK♪

材料(1人分)

作り方

  1. 1 〈準備〉
    鶏肉はカットして50gずつ小分けしておくと便利。
    親子丼用にすでにカットしてあるものを利用すると、更にお手軽。
    グラタン(レシピID:1560009196
    )にも利用可。
  2. 2 玉ねぎはスライスして、バットに広げて冷凍。
    その後、ポリ袋で保存しておくと、スープ・サラダ・グラタン等色々な場面で活用できる。
  3. 3 玉ねぎを電子レンジで、約1分※加熱する。

    ※冷凍の場合は、適宜延長する。
  4. 4 小さいフライパンに玉ねぎ&鶏肉※と調味料を入れる。

    ※冷凍の場合は解凍しておく。
  5. 5 中火で、鶏肉をほぐしながら加熱する。
    表面の色が変わったらふたをし、弱火で蒸し煮にして中まで火を通す。
  6. 6 水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけてよく加熱する。※

    ※水分が少なくなっていたら、適宜水を足す。
  7. 7 卵を菜箸でざっとときほぐす。※

    ※黄身と白身が混ざりきらなくて良い。
  8. 8 強火にして卵の半量を回しかける。
    軽く固まったら、残りを加えて火をとめる。
  9. 9 ふたをして、約1分※そのまま余熱で置いておく。

    ※適宜加減して、お好みの仕上がりする。
  10. 10 いただく際に青ねぎ※をトッピングする。

    ※ポリ袋の中で、キッチンばさみでカットし、そのまま冷凍。
    その後、瓶に入れて保存する。
    固まってしまっても、瓶をふるとバラバラになる。
  11. 11 〈参考1〉
    少し多めの分量で、肉75g・玉ねぎ50g・卵50g・水大3の場合、砂糖・醤油・酒各小2で。
  12. 12 〈参考2〉
    お弁当でなければ、鶏肉は大きめにカット。
    火通りをよくするため、隠し包丁を入れる。
  13. 13 〈応用〉
    50g分の豚カツで、かつ丼にしました。

きっかけ

どんぶりの形のお弁当箱用に、親子丼を考えました。 慌ただしい朝に手早く用意できるように、工夫もしています。 分量を増やす場合に、計算しやすい配合です。

おいしくなるコツ

しょうゆ小1(=6g)に含まれる塩分が0.8gとして、食材の重量×0.8%で計算していますが、お好みで加減してください。 お弁当でこぼれにくくするための水溶き片栗粉は、時間が経つと水っぽく戻ってしまうので、よく火を通してください。

  • レシピID:1560009220
  • 公開日:2015/06/12

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
親子丼玉子丼鶏もも肉その他のお弁当(大人用)
料理名
親子丼
tara@minfannote
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る