現在地
 > 
 > 

おめでたい日は歓声上がる鯛の塩釜焼き♪ レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
1

0

簡単だった

0

節約できたよ

1

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料3~4人分

  • 真鯛

    1尾・400~500g

  • 100~150cc

  • 1200cc前後

  • 昆布(2×10㎝

    6枚

  • レモン汁

    少々

  • オリーブオイル(生食用

    大さじ1~2

  • (なくても可
  • ・・化粧塩A・・
  • 粗塩(しっとりタイプ

    1200~1500g

  • 卵白(M

    2個分

  • レモンの皮(すりおろし

    1/2個分

  • ・・調味料B・・
  • レモンの皮(薄いイチョウ切り

    1/2個分

  • にんにく(スライス

    1片

  • ローズマリー、タイム(ドライ

    小さじ各1

  • (あれば生で

    生なら各1枝

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
おめでたい日は歓声上がる鯛の塩釜焼き♪

人生の門出のお祝い行事の多い1月~4月! おめでたい鯛の塩釜焼きで華やかさを添えて♪ 塩釜を木槌で割ると桜色の鯛のお目見えです。 いっせいに歓声が上がります。

作り方

  • 1

    鯛のウロコとワタを取り出します。

    ※スーパーなどの鮮魚コーナーで頼めばウロコを取って頂けます。

  • 2

    (1)がスッポリ浸かるくらいの容器に水、酒を入れて混ぜ合わせ、(1)を10~15分浸けておきます。

  • 3

    昆布は10~15分、水に浸けて戻しておきます。

  • 4

    ボウルにAを入れて混ぜ合わせます。

  • 5

    オーブンを180℃ー60分で温めてはじめます。

  • 6

    (2)の水気をしっかり拭き取り、ボウルにBを混ぜ合わせ腹に詰めます。

  • 7

    オーブンの天板にオーブンシートを敷き、(4)を薄く広げ(3)を5枚並べて置き、その上に(6)をのせ、更に残りの(3)を並べてのせ(4)を鯛の形に整えしっかり覆いかぶせます。

  • 8

    鯛の姿が見えないようにスッポリかぶせます。

  • 9

    (5)のオーブンの下段に入れて焼きます。

    途中、焦げそうならアルミホイルで覆い焼きます。

    加熱が足りないときは追加で様子を見るがら加熱します。

  • 10

    焼けたら取り出しあら熱が取れたら盛り付けます。

    木槌やフォークで塩釜を割り鯛を取り出し、レモン汁、オリーブオイルなどお好みの量をかけていただきます。

    醤油、マヨ、三杯酢などでも

  • 11

    使った粗塩です。

    しっとりなめらかで使い勝手がいいです。

きっかけ

お祝いの多い1月~4月は鯛の塩釜焼きで、おもてなし。
うっすら桜色の鯛の身を取り分けていただきます。鏡割りならぬ塩釜割りは、歓声があがること請け合いです。

おいしくなるコツ

鯛の大きさにより浸ける水、酒の量を増減します。 焼いている途中で焦げそうならアルミホイルをかぶせ焼きます。
塩釜の塩はサラサラタイプよりしっとりタイプが扱いやすいです。

レシピID: 1390026763

公開日:2015.03.31

おすすめの公式レシピPR

つくったよスタンプ 1件

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 1

最近スタンプしたユーザー

  • ミウママ

つくったよレポート

このレシピを作ったら、投稿者さんに報告!つくったよレポートで"ありがとう"を届けよう♪

レシピへのコメント

関連情報

料理名
鯛の塩釜焼き
料理用途
おもてなし お祝い

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲おめでたい日は歓声上がる鯛の塩釜焼き♪のページ上部へ