今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

もう失敗しない!コツを抑えておいしい炊き込みご飯を作ろう♪

54,304 view
もう失敗しない!コツを抑えておいしい炊き込みご飯を作ろう♪

きのこや栗、さつまいもなど、秋ならではの食材を使った炊き込みご飯は絶品!でも、失敗してしまうことありませんか?せっかく楽しみにしていたのに、炊飯器を開けてがっかり!なんて避けたいですよね。そこで、失敗する原因と対策についてご紹介します。

CASE1 芯が残ってしまう
原因は、お米を研いだ後にしっかり吸水させていなかったことや、具材を混ぜてしまったことなどが考えられます。
お米の芯を残さず、ふっくら炊き上がるには、あらかじめ30分以上は吸水させる必要があります。そして、ざるでしっかり水を切ってから使いましょう。また、具材は炊き上がってから混ぜるのが基本です。はじめに混ぜてしまうと、加熱ムラができ、生煮えになってしまいます。

CASE2 ご飯がベチャベチャになる
炊くときの水が多すぎるのが原因です。確かに、普通に白米を炊くときに比べると具材も加わるため、水を多めに入れたくなるでしょう。しかし、炊き込みご飯に使う調味料は、醤油やみりん、酒などの水分です。そのため、ほとんどのレシピは、「白米を炊くときの水の量+調味料」でできますので、しっかり確認しておきましょう。

CASE3 味や色にムラがある
調味液がしっかり混ざっていない、もしくは調味後、時間を空けてから、加熱していることが原因です。炊飯器にお米と水、調味料を入れたら、必ず軽く混ぜましょう。そして、具材をのせたら、すぐにスイッチオン!せっかく混ぜた調味液が、時間が経つにつれて沈殿することがあります。そのため、なるべく早く炊きましょう。

炊き込みご飯を作る時にありがちな失敗ですが、ほんの少しの手間で解決できます。せっかく美味しいものが出回っている秋。ぜひ、いろいろな炊き込みご飯で味わってみてくださいね♪

定番の五目炊き込みご飯をマスターしよう!

5つの具材の旨味がギュッと詰まった炊き込みご飯です。行楽弁当にももってこい!

焼きさんまが主役!

秋の味覚の代表的な存在のさんまを使った炊き込みご飯です。炊く前に、おいしそうな焼き色をつけるのがポイント!

具材たっぷり!秋鮭ときのこ入り炊き込みご飯

きのこと鮭の相性抜群!熱湯で鮭の臭みを取れば、仕上がりも上品になりますね。

2つの秋の味覚の神コラボ!

栗とぎんなんの黄金コンビ!鮮やかな黄色が、とてもきれいです。甘みと塩気のバランスが絶妙♪

シンプルなのにほっこり♪さつま芋の炊き込みご飯

調味料は塩だけ!シンプルな味付けだからこそ、さつまいものおいしさが引き立ちます。

作者紹介

楽天レシピ編集部
「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
ご飯もの
炊き込みご飯
その他の炊き込みご飯
楽天レシピメルマガ会員募集中!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲もう失敗しない!コツを抑えておいしい炊き込みご飯を作ろう♪のページ上部へ