今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

定番からアレンジまで楽しめる「大学芋」

3,618 view
定番からアレンジまで楽しめる「大学芋」

お子様からお年寄りまで、長年愛され続けられている和スイーツ『大学芋』。
少しノスタルジックな雰囲気もある甘くてほっとする大学芋。

今回は定番の作り方からアレンジした大学芋までいろいろな大学芋をご紹介します。

基本の大学芋は揚げてから砂糖ベースのたれで絡めます。
しょうゆを少し入れて作るとおかず向きにも。

さつまいもの中に火を通す工程を電子レンジを使って時短することも。
その後はちょっとの油でまわりをカリッとさせるだけ。揚げ物が面倒な時にもいい方法ですね。

少し多めの油をフライパンにしいて、弱火でじっくり揚げ焼きする方法も◎。
外はカリッと、中もホクホクに仕上がりますよ♪

大学芋は乱切りにすることが一般的ですが、少し切り方をアレンジするのも♪
スティック状にカットすることによって火の通りも早く均一になり、食べやすくもなります。
見映えもおしゃれでインスタ映えも!

最後に甘みをいろいろアレンジする方法を。
はちみつで甘さをつけるとわりとさっぱりした大学芋に。
ご家庭にストックしている上白糖や三温糖はもちろんの事、さとうきびから作られるきび糖、ビートから作られるてんさい糖などいろいろな砂糖で試してみるのも。
お好みの甘さの大学芋を作ってみましょう。

(テキスト:山本 和枝)

砂糖としょうゆで基本の作り方

乱切りしたさつまいもを素揚げし、砂糖としょうゆベースの甘辛だれでコーティングする基本の大学芋です。

火を通す工程をレンジで時短して

電子レンジで中に火を通しておくことにより、カリッとまわりを焼いて調味するだけ。
とっても時短で作れますね。

じっくり揚げ焼きして中はホクホクに♪

弱火でじっくり揚げ焼きした大学芋は外はカリッと、中はホクホクな食感がうれしい大学芋に。

火も通りやすくおしゃれ♪

スティック状に切ることによって、火の通りも早くなり食べやすく♪
お子様もよろこぶおやつにもなります。

甘さは自由にアレンジ♪

蜂蜜で作るとスッキリした甘さに。
また、上白糖、三温糖、きび糖、水あめなど、いろいろな砂糖で試してみるのも楽しいですね!

作者紹介

山本 和枝
フードコーディネーター・調理師
TV・WEB・CMなど映像でのレシピ考案・調理・フードスタイリング、企業商品のレシピ開発・スタイリング・スチール撮影などの傍ら、「お料理の基礎からアレンジまで楽しく美味しく!」をモットーに料理教室を開催。
自らが発酵食品の魅力に魅了された近年は、無農薬味噌作り教室も実施。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
お菓子
その他のお菓子
大学芋
食材:
野菜
さつまいも
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲定番からアレンジまで楽しめる「大学芋」のページ上部へ