現在地
 > 

荒波の日本海・大ぶりのハタハタ!旬を煮付ける レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
3

0

簡単だった

0

節約できたよ

1

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料3人分

  • ハタハタ

    3尾

  • レモン塩

    4片

  • 昆布

    10cm

  • 三河みりん

    1/2カップ

  • 日本酒

    1/2カップ

  • 赤ザラメ

    大さじ2

  • 根生姜

    3枚

  • 醤油

    1/2カップ

  • 1カップ

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
荒波の日本海・大ぶりのハタハタ!旬を煮付ける
  • 300円前後

煮魚は甘すぎず、辛すぎず、煮すぎずが原則です。自信がなかったら砂糖と醤油は煮ながら少しずつ継ぎ足しをすると失敗しません。

作り方

  • 1

    いかにも新鮮なハタハタです。でも、そこはしょせん深海魚。独特の臭みがあります。この料理の基本は「臭みを取ること」につきます。

  • 2

    鱗はありませんが包丁の背でしごくように「ヌメリ」を取りよく洗います。頭を落としながら綿を引き抜きます。新鮮だときれいにとれます。

  • 3

    日本酒(分量外)を振ってから塩漬けレモンを擦りつけます。この一連の下ごしらえで大分臭みは取れるはずです。基本は大事です。

  • 4

    鍋に昆布を敷いて並べます。膨らんだ腹と色鮮やかな卵がいかにも食欲をそそります。昆布は味をよくすると同時に荷崩れを防ぎます。

  • 5

    ひたひたになるよう分量の調味料を入れます。生姜を忘れずに。もしなかったらイワシの煮付けに準じて梅干でも臭みを消す効果があります。

  • 6

    落とし蓋をして15分間煮ます。肉ではありませんからくれぐれも煮過ぎないように。

  • 7

    大き目の皿に盛り付けます。笹の葉などがあったら最高ですがなければ煮込んだ昆布を敷いてください。まだ固いので食べられませんけど^^

きっかけ

いかにも美味そうな鮮魚が店頭で「ギラッ」としていた。この存在感のある魚は秋田名物「冬のハタハタ」。今が旬で「ブリコ」と呼ばれるうす緑鮮やかな卵を抱える。塩焼き・干物・鍋どれも実にうまい。今日はさばいて「煮付け」で晩酌のあてに。

おいしくなるコツ

下ごしらえは入念に。煮込みはサラッと。新鮮なものを選ぶ以外はあまり工夫は要りません。

レシピID: 1790000227

公開日:2010.11.30

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ 1件

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 1

最近スタンプしたユーザー

  • 菊丸33097408

つくったよレポート 2件(2人)

  • 2019.03.20

    スーパー3軒、魚屋さんにも行ったのですがハタハタに巡り合えず、魚屋さんの勧めでアジで代用です。美味しい煮付けが出来ました^^

    時期でしょうかね
    今度 私もアジで試してみますね

    お返事を見る

  • 2011.12.29

    連日ハタハタの調理法、臭いで困ってましたが初めての煮付けでした。いつも湯引きで頂くのに臭いが気になるのですが、調理中から独特の臭みもなく美味しく頂きました。

    ブルーボリジさん つくレポありがとうございます
    患者さんの 寿司屋のおかみさんに教わった手法です
    お役にたてて私もうれしいです^^

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
ハタハタの煮付
料理用途
普段の料理
関連キーワード
醤油日本酒味醂根生姜

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲荒波の日本海・大ぶりのハタハタ!旬を煮付けるのページ上部へ