今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

長期保存可能な万能食品!乾物の使い方とおすすめ料理

2,857 view
長期保存可能な万能食品!乾物の使い方とおすすめ料理

長期保存可能な乾物
今年も残すところ1ヶ月。仕事や家事とともにクリスマスや年末年始の準備などで忙しくなる時期が訪れました。そんなこの時期におすすめなのが「乾物」です。

ひじきや切り干し大根などの乾物は常温で長期保存が可能なうえ、保存するのにかさばらないというメリットも。
ストック食品に乾物をプラスしておくと、副菜やお弁当など何かと使えて便利ですよ。

戻し率を確認
乾物は基本的に水で戻して使用します。この時に確認したいのが、戻し率。
戻し率とはその食品を戻した時に、何倍の重量になるかということ。
「乾物」とひとことで言っても、種類によって戻し率が異なります。一般的な戻し率は以下の通りです。

ひじき・・・8~10倍
切り昆布・・・3倍
干し椎茸・・・4倍
切り干し大根・・・4倍
高野豆腐・・・6倍

高野豆腐は水で戻したあと、しっかりと水気を絞ることで重量が異なるので注意してください。
唐揚げなどに使用するときは水気をしっかり絞るようにしましょう。

味が凝縮されておいしい乾物
乾物はその名の通り、乾燥させて作られています。
製造工程で味がギュッと凝縮されるので、使うことで料理を味わい深くしてくれます。

煮物のしいたけを干し椎茸にかえたり、大根サラダを切り干し大根サラダにかえたりと、いつもの料理の中で手軽に使うことができるので、この機会にぜひ乾物を使ってみてください。

(テキスト:管理栄養士 若子 みな美)

ほっこりなつかしい味わい

ひじき、油揚げ、にんじんで作る簡単副菜。作り置きにすればお弁当にも使えそうですね!ほっこりなつかしい味わいがおいしいですよ。

切り干し大根はサラダに使える!

切り干し大根、きゅうり、ハム、にんじんで作るマヨサラダ。切り干し大根のシャキシャキ食感とほんのりやさしい甘さが楽しめる1品です。

箸休めに食べたい切り昆布の煮物

切り昆布、にんじん、油揚げ、さつまあげで作る煮物はご飯にぴったり。汁気を飛ばしながら炒め煮にすることで味がしっかり染みた煮物に。

干し椎茸の戻し汁を活用

干し椎茸を戻した水はうま味が含まれているので捨てずに使うようにしましょう。煮汁にプラスすることで干し椎茸の味わいが広がる煮物に。

高野豆腐でメインおかず

高野豆腐に衣をつけて揚げ焼きにすれば唐揚げ風おかずに大変身!乾物だけでしっかりご飯に合うメインおかずが作れます。

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
人気メニュー
煮物
ひじきの煮物
料理:
人気メニュー
煮物
切り干し大根の煮物
食材:
その他の食材
海藻
切り昆布
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲長期保存可能な万能食品!乾物の使い方とおすすめ料理のページ上部へ