楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

楽々美味しくダイエット!「ダイエットスープ」の作り方、オススメな材料&注意点

17,232view 2016/11/18 07:00 健康・ダイエット
楽々美味しくダイエット!「ダイエットスープ」の作り方、オススメな材料&注意点
ダイエットスープとは?

ダイエットスープとは、野菜やきのこ類などをたくさん入れたスープです。毎回の食事に低カロリーのダイエットスープを入れることで、無理なく食事量を減らし、ダイエットできます。また、ダイエットスープには、食物繊維やビタミンなどもたくさん含まれているので、お通じやアンチエイジング、美肌に良い影響なども期待できるのが人気の理由です。

脂肪燃焼スープダイエットとの違いは?

一昔前に流行って最近も耳にする「脂肪燃焼スープダイエット」のやり方は、短期間で痩せる方法で、栄養バランスがよいとは言えないので、取り組む際には注意が必要です。基本的には、ダイエットは短期間ではなくゆっくり少しずつ痩せるのがよいので、普段の食事に無理なく取り入れるダイエットスープの方がおすすめです。

失敗例、注意点は?正しいやり方は?

注意すべき点は、ダイエットだからと言って、野菜だけのスープを食べていては、炭水化物やタンパク質が不足してしまいます。スープの中に、脂質の少ないタンパク質、ささみや胸肉、卵、豆腐、大豆などを入れるとよいでしょう。また、主食のごはんもお茶碗1杯程度食べる方がバランスが整います。

低カロリーな味でオススメなものは、トマトと味噌です。特に、トマトには抗酸化作用の強いリコピンが含まれ、美容に良い影響も期待できますし、味噌も、美肌や健康にも良い発酵食品なので、積極的に取り入れるとよいですね。

また、スープの中にはダイエットに向かないものもあります。生クリームやバターなどを使ったものはダイエット中は避けましょう。また、豆乳や牛乳は健康にはよいものですが、入れすぎると高カロリーになりがちなので、量には注意しましょう。

ダイエットスープのレシピ例

ダイエットスープは、家にある野菜などを入れて手軽に作れますが、とくに栄養価のよいヘルシーなスープを作りたいと思ったら、色の濃い野菜、色の薄い野菜、キノコ類、海藻類やタンパク質をそれぞれ1つずつ入れると、バランスがよくなります。例えば、にんじん、キャベツ、舞茸、わかめ、豆腐というように、1つずつ当てはめていきます。初めはコンソメ、次の食事では豆乳やトマト缶を入れて味を変える、などの工夫をすると、バリエーションが増えてオススメです。

(テキスト: 岡田 あや)

この記事の作者

岡田 あや さん
岡田 あや

大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

健康・ダイエットのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る