今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

「おにぎりダイエット」で痩せ体質を引き出す正しい実施方法は?

142,300 view
「おにぎりダイエット」で痩せ体質を引き出す正しい実施方法は?

おにぎりダイエットとは?

おにぎりダイエットは、1日3食をおにぎりと味噌汁を中心とした食事をとる方法です。有名人といえば、つんくさんやEXILEメンバーが実践したダイエットとして知られています。おにぎりなら誰でも作れますし、手軽に行えるのが人気の理由のようです。

日頃摂取する炭水化物には、精製された小麦粉で作られたパスタや、添加物や脂質の多いパンなどもあります。これに対して、ごはんは粒のまま水だけを入れて炊けばよいので、余計な添加物や脂質などを取らなくて済むため、ダイエットに良いだけでなく体質改善も期待できます。

低脂肪無添加物ということ以外にも、「冷たい」おにぎりがダイエットのポイント!ご飯が冷えると、でんぷん質の一部がレジスタントスターチという成分に変わり、温かいご飯を食べる時よりも、小腸で吸収されにくくなり、血糖値の上昇を抑えることができます。

正しいやり方は?

おにぎりは、1回に1~2個、味噌汁や野菜類なども一緒に食べることがポイントです。コンビニのおにぎりは、1個100gで、ごはんの部分だけでは160kcalです。少し大きめのものは150gほどあるので、作る前に1度量るとよいでしょう。

具は、梅、おかか、鮭、昆布、など好みに合わせて選びます。マヨネーズを使ったものや、カルビなどの脂がたっぷりのお肉は避けた方がいいでしょう。魚や肉はNGという方法もあるようですが、タンパク質も取った方が栄養バランスがよくなります。また、味噌汁に豆腐や納豆を入れると、タンパク質を摂取できます。

失敗例や注意点は?

このダイエットは、すでに細身の方より、やや太めの方が効果が出やすいようです。また、おにぎりダイエットの最中は、脂っこいものやお菓子などの甘いもの、お酒などは禁止です。

期間は、おにぎりの具によっては、タンパク質の不足が心配されますので、長くても3週間までにしましょう。ダイエットが終了したからといって、急に油ものや肉類、お菓子などを食べるとリバウンドしてしまうので、緩やかに食事を戻していくことが大切です。

他にお米が食べられるダイエットとして「おかゆダイエット」もおすすめです。

おにぎりダイエットのレシピ例

毎回普通のおにぎりでは飽きてしまいますね。おかかとゴマを醤油や梅干しで和えたり、シラスと枝豆をごはんに混ぜるなど、具を2種類以上いれるのもおすすめです。雑穀米や麦飯などで作れば、食物繊維やビタミン、ミネラルなども多くとることができます。

(テキスト: 岡田 あや)

冷めても味がしっかりしているおにぎりレシピ3選

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

目的・シーン:
お弁当
大人のお弁当
おにぎりのお弁当(大人用)
料理:
ご飯もの
おにぎり
その他のおにぎり
料理:
ご飯もの
おにぎり
焼きおにぎり
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲「おにぎりダイエット」で痩せ体質を引き出す正しい実施方法は?のページ上部へ