【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方 レシピ・作り方

【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方
  • 約15分
  • 500円前後
Seika A
Seika A
皮はカリッと香ばしく、身は柔らかジューシーな鮎の焼き方です。

材料(1~2人分)

  • 2尾
  • 粗塩 適量

作り方

  1. 1 グリルは強火でしっかりと予熱して、庫内を温めておく。
  2. 2 鮎は皮も美味しいので、冷たい流水でよく洗う。

    ここで排泄物の残りを絞り出す。
    →お腹を外向きに片手で持って、反対の手の親指と人差し指で胸びれの下から尻尾に向けて優しくしごく。
  3. 3 キッチンペーパーを多めに使って押さえ、しっかりと水分を拭き取る。
  4. 4 写真だと見にくいですが、黒系の平らなものの上に、ビニールやラップを敷く。
    その上に塩を均一に振るう。

    ※こうすると塩が偏った部分などがあれば、見てすぐわかります。
  5. 5 頭から尻尾まで押し付けるように塩の上に鮎を乗せる。

    その上から均一に塩を振る。
  6. 6 尾やヒレ等を焦がさず焼く時は、厚く塩を乗せる。

    ※ただし、グリルで焼く場合は胸ビレを立体的に立てられないので、そのままでも可
  7. 7 温まったグリルに魚を並べたら、中火くらいの火加減で表面に焦げ目が付くまで焼く。

    ※片面焼きグリルで4、5分程度でした。
  8. 8 その後、ギリギリまで火を弱くしてじっくりと中まで焼く。

    ※片面焼きの場合は、4分ほどしたら裏返して再び少し強い火で焦げ目を付けてからごく弱火でじっくり焼く。
  9. 9 お好みで、タデ酢など添えてお召し上がりください。

きっかけ

炭火で焼いた皮が芳ばしく、身はふっくらした好物の鮎をグリルで再現しました。

おいしくなるコツ

しっかりと水分を吸い取ってから、強火で表面だけ焼いで、あとは弱い遠火でじっくり焼くのがコツです。

  • レシピID:1220011789
  • 公開日:2015/07/17

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
簡単魚料理日本酒に合うおつまみ料理のちょいテク・裏技その他の魚料理魚のおもてなし料理
関連キーワード
鮎の塩焼き アユの塩焼き あゆの塩焼き 川魚の焼き方 アユの焼き方 日本酒に合うおつまみ 和食 夏の魚
料理名
グリルで焼くアユの塩焼き
Seika A
  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(23件)

  • umauma555
    umauma555
    2021/03/27 12:44
    【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方
    おいしく焼けました(^^)
  • 現役呼吸器専門医・産業医
    現役呼吸器専門医・産業医
    2020/11/05 18:18
    【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方
    おいしく焼き上がりました。ありがとうございました。
  • 音楽69
    音楽69
    2020/11/03 14:42
    【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方
    鮎をはじめて調理しましたけど美味しくできました!見栄えもよく家族も喜んでくれました^^
  • chichichi25
    chichichi25
    2020/10/18 18:57
    【コツ】鮎の塩焼き・グリルで美味しい鮎の焼き方
    上手く出来た!
    子供も美味しい!って☆

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る