楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

えっ、それ味噌汁じゃん!?関東風と関西風のお雑煮はどう違う?

24,747view 2015/12/31 17:00 おもしろ
えっ、それ味噌汁じゃん!?関東風と関西風のお雑煮はどう違う?
お正月に欠かせないお雑煮。お雑煮を作るときは、元旦に初めて汲む「若水」を使うの本来の習わし。若水を飲むと1年の邪気が祓えるのがその理由です。お雑煮に使われるおもちの形や汁の仕立て方、具材の違いによって、日本全国にバラエティー豊かなお雑煮が存在しています。

大別すると、関西では丸もちの昆布だし白味噌仕立て、東日本は角もちに醤油系カツオだしのすまし汁が多いとされます。ただし、おもちを焼いてから入れる、そのまま煮たりするなどの違いはさまざま。一緒にいただく具材もまた家庭によって異なりますが、基本的に関西では、具は里いもや大根、人参が一般的で、関東では具は鶏肉、大根、三つ葉などになっています。

また、関東系のすまし汁系は中国、九州地方、北海道にも多く見られます。ユニークなお雑煮として知られているのは、香川県の白みそ仕立てにあんころ餅入り雑煮、島根の小豆を煮たお汁粉風雑煮、長崎と遠く離れた長野両県の出世魚のブリ入り雑煮、福井のかぶ入り赤みそ仕立て雑煮などが挙げられます。

さらに、お雑煮には家ごとの独特の習慣や必ず入れる具材があったり、結婚した相手の習慣に合わせて日によって作りかえたりと、個人的なこだわりを持つことの多いお料理と言えるでしょう。今回は関西、関東のお雑煮の基本レシピ、北海道、徳島、岡山のお雑煮をご紹介します。お正月にいつものお雑煮に飽きてきたら、いろいろな地域のお雑煮を食べ比べるのも楽しいかもしれませんね。

素材すべてが円満に丸くおさまる関西風雑煮

大根人参などの根菜を中心に肉や魚がはいらない京風雑煮。餅も焼かずに使います。

すまし仕立ての関東風雑煮

ゆずポン酢は無くてもOK!生のゆず皮を刻んでのせればおいしさアップ♪

徳島出身旦那さん専用!丸餅&白みそのお雑煮

徳島では砂糖を入れたりもするみたいです。出汁は昆布を使うのがポイント!

出世魚ブリ入り岡山の雑煮

すまし汁の醤油は香りづけ程度で塩で味を調整します。縁起をかついだめでたい雑煮です!

この記事の作者

楽天レシピ編集部 さん
楽天レシピ編集部

「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

おもしろのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る