今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

進化型デザート「ハッセルバックアップル」が今秋アツい!

40,690 view
進化型デザート「ハッセルバックアップル」が今秋アツい!

今年の秋にはデザートにピッタリな「ハッセルバックアップル」がイチオシです!切り込みの間にバター、きび砂糖やシナモンを入れてオーブンで焼けば、香り豊かで食感とろっの絶品デザートになります。温かいりんごと冷たいバニラアイスは相性バッチリ。切り込みを入れたハッセルバックスタイルだと、見た目もかわいく、とっても食べやすいですよ。

アップルクランブル用のホロホロのクルミ入りクッキー生地をのせたり、フィロ生地(なければ春巻きの皮で代用)などを切り目に挟んでカリッと焼き上げたりと、トッピングのアレンジ次第でいろいろな味が楽しめます。さらに、さつまいもに切り込みを入れ、間にりんごのスライスをはさみ、ブラウンシュガーとバター、メープルシロップをたっぷりかけて焼いたハッセルバックスイートポテト&アップルなら、秋の味覚が一度に楽しめてしまいます!

元祖の「ハッセルバックポテト」もアレンジ無限大!

「ハッセルバックブーム」の元になる「ハッセルバックポテト」とは、スウェーデン発のオーブンで焼いたじゃがいも料理です。元祖スタイルは、じゃがいもに細かい切り込みを入れ、バター、パン粉とアーモンドスライスを入れてこんがり焼き上げたスタイルだったそうですが、最近はかなり進化していて、色々なトッピングのアレンジがあります。

アメリカだと、スパイシーなハラペーニョのスライスを切り込みに挟み、たっぷりチーズをのせて焼いた後、アボカドにサワークリームをあわせたワカモーレをトッピングしたメキシカン風アレンジなどが人気。

シンプルにクリームチーズをのせていただくのもおすすめです。また簡単にできるのは、ハーブバターやベーコン、とろけるチーズをのせたバージョンです。日本風なアレンジとして明太子や塩辛と合わせてもオドロキの美味しさ。

ポテトもアップルも、切り目が開き、カリッと焼き上がるまでしっかり焼き上げるのがポイントです。子ども向けにシュガーバターをたっぷりのせて焼いたスイート仕上げのレシピも、ぜひ試してみてください!

シナモン香る秋にピッタリの「ハッセルバックアップル」

ひと工夫をしたとろ〜りの焼きりんご。見た目もおしゃれで食べやすい!

スウェーデンの伝統料理!まずは可愛いハッセルバックポテトを!

パリッと食感の後に来るホクホク!パーティー女子会でも一目置かれる一品になりそうです。

おかずにおやつにおつまみに!明太チーズのハッセルバックポテト

スウェーデンと日本の融合レシピ!明太子とチーズがポテトによく合います♪

ハッセルバック「フライド」ポテト

別名アコーディオンポテト、ハッセルバックポテトのフライ版。揚げたてに塩、コショウプラスバター、バターと砂糖をかけても◎

甘いのもアリ?なハッセルバックポテト

子ども向けの甘いバージョン。バター&シュガーで病みつきになるかも!

作者紹介

楽天レシピ編集部
「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
果物
りんご
食材:
野菜
じゃがいも
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲進化型デザート「ハッセルバックアップル」が今秋アツい!のページ上部へ