今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

ヨーグルトダイエットのやり方とポイント!

14,583 view
ヨーグルトダイエットのやり方とポイント!

ヨーグルトダイエットとは、朝または夜にヨーグルトを食べる方法です。

ヨーグルトダイエットはなぜよい?

ヨーグルトは、乳酸菌が豊富で、腸内環境を整える働きがあります。
また、ダイエット中に不足しがちなカルシウムも豊富で、栄養面においてもよい食品といえます。
お通じが気になる方や、体の中からきれいになりたい方にもおすすめです。

ヨーグルトダイエットの正しいやり方

ヨーグルトダイエットは、朝に食べる方法と、夜に食べる方法の2種類がありますが、
美味しくアレンジして食べたい方は朝に、夕飯を少なめにする方は夜に取り入れるとよいでしょう。

また、腸内環境をよりよくしたい方は、22時~深夜2時が腸内環境を整える働きが高いとも言われているので、夜に食べるとより有効だと言えます。

ヨーグルトは、150~200g食べますが、朝食の場合は、フルーツやグラノーラをいれたり、少々甘みを入れてもOKです。
夜食べる場合は、食後に無糖のものをとりましょう。

注意点や失敗例

ヨーグルトを食べるだけでは、すぐにダイエットになるわけではなく、即効性は期待できません。
なるべく早く痩せたい場合は、ヨーグルトを食べつつ、他の食事の量や間食に気を付ける必要があります。

また、ジャムや砂糖をたくさん入れないようにします。
夜に食べる場合は、あまり遅い時間に食べると太る原因になるので注意しましょう。

オススメの食べ方&レシピバリエーション

ダイエット中に入れる甘味として、オリゴ糖はカロリーが低く腸内環境を整える働きもあるのでおすすめです。

プルーンやレーズンなどのドライフルーツもおすすめですが、缶詰のフルーツは糖分が多く、塩分を排出するカリウムもほとんどなくなっているのでダイエット向きではありません。

他には、きな粉やナッツを入れて、少量のはちみつをいれると美味しくいただけます。いつもと違う味が食べたい方は、小さじ1杯ぐらいのインスタントコーヒーを入れるのもよいでしょう。

夜のうちに、ざるにキッチンペーパーをひいてヨーグルトを入れて一晩おくと、水切りヨーグルトができ、濃厚な味わいになります。
ジャムと一緒に食べるとチーズケーキのようになりおすすめです。

水切りヨーグルトからでた水分は、味噌汁に使うと違和感もなく、栄養も摂取できるので、捨てずに料理に生かすとよいでしょう。

(テキスト:岡田あや)

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲ヨーグルトダイエットのやり方とポイント!のページ上部へ