今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

オイルの質は美容の質を決める!?

1,329 view
オイルの質は美容の質を決める!?

オイルと美容の関係は?

ダイエットで過度に油ものを制限してお肌がカサカサになった、という経験はありませんか。
油は水をはじくという特性がありますが、私たちの細胞にも脂質があることで、それが膜のような役割を果たしているのです。つまり、適度に油を取り入れることは、体の潤いを守ることにもつながります。

さらに栄養素の中には油と一緒にとることで吸収がスムーズになるものもあります。中でも脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンA、E、D、は、高い抗酸化作用、骨の健康に役立つといった働きをもちます。

オイルを選ぶコツは?

オイルは摂りすぎると肥満の原因となるので、もちろんNGですが、それ以前に気を付けなければならないことがあります。それが「質」です。

オイルの最大の敵は「酸化」です。オイルは酸化すると油臭い匂いが発生します。また、酸化したオイルは、細胞の老化を進める原因にもなりうるのです。

オイルが酸化する条件は大きく「酸素」「加熱」「光」です。そのため、一度開封したらなるべく早く使い切るようにしましょう。そして揚げ物をする際は新鮮な油に変えることをおすすめします。

オイルの中には、容器に濃い色を付けることによって光による酸化を抑ているものもあります。透明なビンで気になる・・・という方はアルミホイルを巻いて光を遮断するという方法もあります。

どんな種類がおすすめ?

オイルは、とにかく新鮮なものを選ぶということに加えて種類・食材にも注意が必要です。

最近耳にすることの増えたオメガ3系の脂肪酸は体の中では作ることが出来ないため、食事から摂る必要があり、「必須脂肪酸」と呼ばれます。不足すると皮膚炎を発症することもあります。

より質の良いオメガ3系のオイルを摂るのであれば、新鮮な青魚を刺身でとることをおすすめします。青魚以外にもくるみや亜麻仁油にも多く含まれますのでサラダなどで上手に取り入れるとよいでしょう。

デイリーに使えるオリーブオイルは抗酸化作用が高いといわれるオリーブを絞った美容の味方となるアイテムです。風味が良く酸度も低い「エクストラバージン」を選んだら、ぜひナッツや緑黄色野菜とともにサラダにかけていただきましょう。

ダイエットの敵だと思われる油も健康美に欠かせない必須アイテムです。
そして選ぶときは何より質が良いものを適量、美味しくいただくことを大切にしてくださいね。

(テキスト: 管理栄養士 磯村 優貴恵)

質の良い油のレシピ3選

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲オイルの質は美容の質を決める!?のページ上部へ