今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

砂糖は美容の敵?それとも味方?

1,809 view
砂糖は美容の敵?それとも味方?

砂糖は悪者?

最近は炭水化物や糖質を減らしたダイエットが流行しているからか、砂糖と聞くと「炭水化物」と連想する方も多いと思います。

栄養学的には炭水化物というのは三大栄養素の一つで、重要なエネルギー源です。炭水化物をさらに分類すると、「糖質」と「食物繊維」に分けられます。
砂糖はこの「糖質」に分類されます。
つまり、体にとってはとても重要なエネルギー源となるのです。

特に脳のエネルギー源は糖ですので、不足すると集中力が続かなくなったり、疲れやすくなったりします。悪者扱いされがちな糖質ですが、問題は質と量にあります。

砂糖が健康美を損ねるといわれる原因は?

砂糖を含む糖分は体内に入ると血液に乗って運ばれます。つまり、「血糖値」が上がるのです。血糖値が上がること自体は悪いことではないのですが、純粋な糖は吸収がはやく血糖値が急上昇し、さらに下がるのもはやいという特徴があります。つまり乱高下しやすいのです。

これによって血管がもろくなり、メタボリックシンドロームの原因にもなるといわれています。酸素や栄養を運ぶ重要な血管がもろくなってしまっては当然健康美からは遠ざかってしまします。さらに砂糖の摂りすぎは肥満や、細胞の糖化にもつながることから摂りすぎはよくないとされています。

砂糖の上手な付き合い方とは?

果物にはしっかりと甘みがありますが、どちらかというと美容の味方、というイメージが強いと思います。その理由は果物に含まれている成分にあります。
果物自体にも糖分は含まれていますが、食物繊維も多く含まれます。

食物繊維は糖の吸収を穏やかにしてくれるため、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。さらには、抗酸化作用の高いビタミンCやポリフェノールなどを含むものもあることから健康美に対してプラスの働きをすると考えられます。

また、砂糖を使った甘いものは心の栄養となることも確かです。砂糖を選ぶときはミネラルなども含まれるきび糖や黒糖などの精製度の低いものを選ぶほか、食物繊維を一緒にとることを心がけましょう。

甘くておいしい砂糖は、質の良いものを選んで上手に摂り、心と体のバランスを整えていきましょう!

(テキスト: 管理栄養士 磯村 優貴恵)

心も満たされるほんのり甘いおやつ3選

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲砂糖は美容の敵?それとも味方?のページ上部へ