今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

「グレープフルーツ」はダイエット中にも食べられる果物!

2,290 view
「グレープフルーツ」はダイエット中にも食べられる果物!

グレープフルーツダイエットとは?

グレープフルーツダイエットとは、毎食の食事の前にグレープフルーツを3分の1個食べる方法です。置き換えダイエットのよりは、栄養バランスの偏りが少なく、無理のないダイエットなので、身体に負担のかかりにくいダイエットです。

グレープフルーツがなぜダイエットに良いか?

グレープフルーツにはダイエット中に適した成分がたくさん含まれています。グレープフルーツに含まれている「ナリンギン」という苦み成分には、食欲を抑制する働きがあり、食前に食べることで食べすぎを防ぐ働きがあります。また、香り成分である「リモネン」は、血流を良くする、脂肪をつきにくくすることも言われています。またさわやかな香りをかぐことでリラックスもできるという利点もあります。

また、食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えたり、お通じを良くすることも期待できます。多く含まれているビタミンCは、コラーゲンの生成を促進したり抗酸化作用があるので、美容が気になる方にもおすすめです。カリウムも多く含まれているので、むくみが気になる方や、塩分の取りすぎが気になる方にもおすすめです。

注意点や失敗例は?

食前にグレープフルーツを食べるので、いつもと同じ量の食事をとると、カロリーオーバーになりやすく、太りやすくなってしまいます。このダイエットでは、食事量を減らすことがポイントになるので、今までよりも少なめの食事量にするとよいでしょう。グレープフルーツのカロリーは100gで38kcal、中くらいの大きさで85kcalほどと低いとはいえ、果糖も多く含まれているので注意が必要です。

おすすめの食べ方&レシピ

このダイエット法では、基本的にはそのまま食べますが、サラダに入れて食事の最初に食べたりするのもいいですね。また、寒天やゼリーなどを作る際に入れたり、ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。紅茶に入れるとレモンティーのようになり、体も温まるので、寒い時にはとくによいですね。

(テキスト: 管理栄養士 岡田 あや)

グレープフルーツの切り方と応用レシピ

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
果物
グレープフルーツ
目的・シーン:
健康料理
低カロリー・ダイエット
低カロリーおかず
目的・シーン:
健康料理
低カロリー・ダイエット
低カロリーお菓子
料理:
お菓子
ゼリー・寒天・ムース
フルーツゼリー
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲「グレープフルーツ」はダイエット中にも食べられる果物!のページ上部へ