さっぱりとしてまさに至福の味!イサキの”水なます” レシピ・作り方

さっぱりとしてまさに至福の味!イサキの”水なます”
turi-navi
turi-navi
「いっぺん食ってみなおう。病みつきになるっぺ」とは外房の漁師さん。作り方はいたって簡単。ただ釣りたての新鮮なイサキさえあればいいのだ。

材料(3人分)

作り方

  1. 1 下処理をして三枚におろしたイサキを包丁で細かくたたく。
  2. 2 お椀に氷水を入れ味噌を溶き、味噌汁より少し濃い目にする。たたいたイサキの身肉を加え、アサツキを散らす。

きっかけ

漁師料理の極めつけといわれるのがイサキの"水なます"。暑い日射の下で汗をしたたらせながら冷や汁ごと掻き込むと、からだの中を一陣の涼風が駆け抜けていく。

おいしくなるコツ

イサキの身肉を細かく叩いて、深みのある器で味噌をとき、その冷汁に入れるだけ。お好みで、しょうが、ねぎ、大葉を刻んだものを合わせても良い。豪快に掻き込むといい。さっぱりとしてまさに至福の味である。

  • レシピID:1520001147
  • 公開日:2011/02/25

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他のさかな全般
関連キーワード
和食 漁師料理 水なます 味噌
料理名
水なます
turi-navi
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る