今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

朝ごはんは必須?間食はNG?ダイエットは1日何食がベストなの?!

16,678 view
朝ごはんは必須?間食はNG?ダイエットは1日何食がベストなの?!

ダイエット中の食事回数で悩んだことはありませんか?巷にあふれるダイエット情報には3食や5食など色々な回数があり、どれがよいのかわかりませんね。

1日3食で栄養バランスが整いやすく!

厚生労働省がオススメしている1日3食が、ダイエット中でも基本になります。忙しくて朝ごはんを抜いてしまったり、ダイエット中だと1食減らすという人もいますが、1日3食を食べることで、1日の中で栄養バランスが整いやすくなります。

ポイントとしては、1日を元気よく過ごすためにも大切な朝食をしっかり食べ、脂肪になりやすい夕食を控えめに取ることが大切です。ダイエット中だからといって、食事量を極端に減らすと、甘いものを食べたくなりやすくなるので、過度に量を減らしたり、糖質の摂取を控えすぎない方がよいでしょう。

また、3食の場合は空腹時間が長いために、食事を取った際に血糖値が急激に上がりやすくなる危険があるので、ごはんなどの糖質から食べずに、野菜類や、たんぱく質のおかずから食べるなど、血糖値が急激に上がらない食べ方をすることも大切です。

1日4食 ストレスの少ない方法

どうしても間食が食べたい!という方や、仕事などで夕食を食べる時間が遅くなる人にオススメの方法です。15時位におやつを食べて、夕食の食べ過ぎを防ぐ方法と、17時頃に、おにぎりなどの夕食の1部を食べて、遅めの夕飯時にサラダとおかずなどだけを食べるという方法です。1日3食で、食事の時間が空きすぎてまう場合は、血糖値が急激に上がり、太りやすくなる危険もあるので、その点では太りにくい方法だといえます。

1日5食 1食の食べ過ぎに注意!

1日4食と似ていますが、さらに、10時頃に軽く間食を取る方法です。4食と同じように、血糖値の急上昇を防いだり、1回の食事での食べ過ぎを防ぐことができます。また、食べられない時間が少ないので、ストレスが少ないのもメリットです。ただし、1回の食事を控えめにすること、間食を食べ過ぎないでセーブすることがポイントです。また、1日の食事回数が多いと、虫歯になりやすくなるので、注意が必要です。

基本的には、1日3食がオススメですが、食事回数よりも大切なことは、バランスの取れた食事と、食べ過ぎを防ぐことです。どの方法にもメリットやデメリットがあるので、ご自身が試しやすい方法やライフスタイルにあった方法を選ぶのがよいでしょう。

(テキスト:岡田 あや)

ダイエット中にもおいしく!おすすめレシピ3選

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
お菓子
その他のお菓子
ドライフルーツ
食材:
その他の食材
ヨーグルト
食材:
野菜
きのこ
その他のきのこ
食材:
鶏肉
ささみ
食材:
野菜
トマト
楽天レシピメルマガ会員募集中!
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲朝ごはんは必須?間食はNG?ダイエットは1日何食がベストなの?!のページ上部へ