今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

もう失敗しない!餃子の焼き方を徹底解説

2,715 view
もう失敗しない!餃子の焼き方を徹底解説

キンキンに冷やしたビールのおつまみに、ごはんのおかずに大人気の餃子。

餃子を作る際に一番多い失敗が「焼き」の工程。
外は焦げてしまって中はまだ火が通ってなかったり、皮がはがれてしまったり…。

<外はカリっと、中はふっくらジューシーにおいしく焼くポイント>
〇フライパンの材質…
テフロン加工のものが失敗しにくいですが、そうでない場合は油をよく熱することと、油の分量を少し多めにするといいですよ♪

〇熱湯で蒸し焼き…
並べて焼きだしたら30秒ほど強火で焼き、熱湯を餃子の1/3程度にまわし入れ蓋をします。
水はNG。水を入れるとフライパンの温度を下げ、食感が悪くなることも。
水分が少なくなったら強火から中火の弱めにします。

〇さし油でパリッと…
蒸し時間おおよそ5分。その後ごま油大さじ1程度をまわし入れ強火で20秒程度。お皿に移す前は、フライ返しではがしてから盛りましょう。

餃子の具材で迷うのがキャベツか白菜か。どちらもおいしいので迷いますね。
白菜を使用する場合は、塩もみして水分をぬけば皮がパリッと仕上がります。

最近は羽根付きの餃子専門店も。ご家庭でも片栗粉や薄力粉を使用して、簡単に再現ができます。また、最後にチーズを羽根代わりにするのも!チーズ好きにはたまりません。

定番の具材をアレンジしてみるのも楽しいですよ♪いろいろな味を楽しんでみては。

(テキスト:山本 和枝)

片栗粉で羽根つき餃子♪

水溶き片栗粉で羽根をつける方法。
羽根をつけると見た目も映えて◎ビールが止まらなくなるかも!!

チーズ好きにはたまらないチーズの羽根餃子♪

チーズはいろいろな料理と相性が◎餃子もそのひとつ。
餃子パーティーなどで簡単にアレンジ可能!

薄力粉で羽根つき餃子

片栗粉で羽根をつける方法のほか、薄力粉でも代用可能!豪華で美味しそうですね♪

キャベツでおいしいジューシー餃子

キャベツを使用した餃子。キャベツで作る際は塩もみせずにも失敗しにくいです。
白菜を使用する際はみじん切りにした後に塩もみして水分を抜きましょう。

具材アレンジは自由自在♪

中身の具材はアレンジ自在!ツナマヨと卵、にらの風味でおいしい餃子。いろいろな具材で楽しんでみては。

作者紹介

山本 和枝
フードコーディネーター・調理師
TV・WEB・CMなど映像でのレシピ考案・調理・フードスタイリング、企業商品のレシピ開発・スタイリング・スチール撮影などの傍ら、「お料理の基礎からアレンジまで楽しく美味しく!」をモットーに料理教室を開催。
自らが発酵食品の魅力に魅了された近年は、無農薬味噌作り教室も実施。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
人気メニュー
餃子
焼き餃子
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲もう失敗しない!餃子の焼き方を徹底解説のページ上部へ