今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

一緒に作ればもっと美味しい!子供と作る基本の餃子から変わり種まで

9,378 view
一緒に作ればもっと美味しい!子供と作る基本の餃子から変わり種まで

普段少食の子供でも、餃子だといっぱい食べてくれる…なんてことありませんか?
子供から大人まで人気の餃子ですが、味はもちろん、餃子には一緒に作る楽しさもあります。

子供と一緒に作りたい基本の餃子

具材は、豚ひき肉、キャベツ、ニラなどがおすすめです。
にんにくは使わず、キャベツなど甘みのある野菜を多めに入れることで、お子さんも食べやすくなります。

餃子の種を混ぜたり、皮で包む作業は、子供にとってとても楽しいものです。
手で混ぜるのが難しい場合は、スプーンを使ったり、ビニール袋に入れて混ぜるといいでしょう。
ビニール袋の下角を1.5㎝ほど切り落とし、皮の中央に絞り出していくと、手が汚れずスムーズに作業できます。

ひだを作りながら包むのが難しい場合は、ペタンと半分に折るだけでもOK!
多少形がいびつでも、自分で包んだ餃子がお皿にのるのは嬉しいものです。

子供ウケ良し!の変わり種餃子

じゃがいも、コーン、ベーコン、チーズ、ツナなどを包んだ変わり種餃子も子供には人気です。
油で揚げてカリカリの揚げ餃子にし、ケチャップにをつけて食べるのも◎!
包んでしまえば中身が見えない餃子の特徴を活かして、苦手なお野菜を入れるのもオススメです。

今度の休日に一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

(テキスト:宇田川 みさき)

キャベツとニラと豚ひき肉の簡単餃子♪

定番のキャベツとニラと豚ひき肉を使った餃子ですが、タネにみりんを加えることでまろやかな甘みのある餃子に。
にんにくも使っていないので、お子さんはもちろん、匂いが気になる人も食べやすいですね♪

きのこ嫌いも食べられるかも!えのき入り焼き餃子♪

きのこ類が苦手なお子さんも、刻んでタネの中に入れたら食べられるかしれません♪
えのきの旨味や食感が、餃子をさらに美味しくしてくれます。
ひとつまみの砂糖が隠し味ですよ。

難しい調味料はナシ!子供も喜ぶチーズ餃子♪

子供に食べて欲しい食材の一つ、ほうれん草とチーズを豚ひき肉と一緒に包んだ餃子は、夕飯の定番になりそうですね。
チーズの旨味と塩気があるので、たくさんの調味料で味付けしなくてもオッケーなところが、忙しいママには嬉しいポイントです。

子供が大好きな具材がいっぱい☆の揚げ餃子

じゃがいも、ベーコン、コーンと子供が好きな具材を包んだ揚げ餃子は、夢中で食べてくれること間違いなしです♪
肉ダネのように手が汚れないので、お子さんでも簡単に包むことができます。一緒に作ってもいいですね。
タレも子供が大好きなケチャップがオススメです。

魚を食べて欲しい時にオススメ♪ツナ入り餃子

魚が苦手なお子さんや、魚料理が面倒なママも、ツナ缶を使えば簡単にツナ入り餃子ができますね。
桜エビの香りと風味もよく、パクパクと箸が進みそうです。
味付けにマヨネーズが入っているので、まろやかでお子さんも食べやすいですよ。

作者紹介

宇田川 みさき
料理家・栄養士・ビューティーフードアドバイザー
カフェレストランやケータリング、バリスタなど様々な飲食業界で経験を積んだ後、大手料理教室で講師を務め、調理の技術研修や料理・パンの教科書、栄養素関連の書籍執筆にも携わる。
現在は自宅で料理教室「Vege&Tsubu&Coffee」を主催。2児の母としても奮闘中。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲一緒に作ればもっと美味しい!子供と作る基本の餃子から変わり種までのページ上部へ