スープを再現! 「昔ながらの中華そば」 レシピ・作り方

スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
  • 1時間以上
Startrek
Startrek
昭和20年代ごろから、町の食堂には「中華そば」ののれんがかかっていました。私の少年時代を象徴する食べ物です。

材料(1人分)

  • 中華めん 1玉
  • チャーシュー 1~2枚
  • メンマ 適量
  • 焼き海苔 1/8枚
  • ほうれん草お浸し 適量
  • 長ネギ 3cm
  • 鶏ガラスープ 150cc
  • 和風だしスープ 150cc
  • チャーシュータレ 大さじ1
  • 一つまみ
  • 味の素 少々
  • コショウ 少々
  • ≪鶏ガラスープ≫
  • 鶏ガラ 1羽分
  • タマネギ 1/2個
  • 白菜(外葉) 2~3枚
  • ニンジン 3cm
  • ニンニク 1個
  • 生姜(薄切り) 3枚
  • 2L
  • ≪和風だしスープ≫
  • 日本酒 1カップ
  • 三河みりん 大さじ1
  • 800cc
  • ダシパック 2パック

作り方

  1. 1 鶏ガラを15分ほど塩入りの水(分量外)に浸けて血抜きをします。水の汚れがひどい時は水替えをしてさらに10分程度血抜きをします。
  2. 2 塩入りのお湯(分量外)を沸かし下茹でします。グラグラ煮たてながら3分ほど茹でアクを出します。流水で洗って汚れと余分な脂を落とします。
  3. 3 鍋に下拵えした鶏ガラと★印のクズ野菜、ニンニク、ショウガを入れて水を張り火にかけます。
  4. 4 沸騰したら弱火にして、煮立たせないように火加減しながら1時間煮出して火を止め、そのまま冷まします。
  5. 5 ガーゼで濾したら鶏がらスープの出来上がり。中華そばに限らずいろいろな料理に使います。豚骨スープと違って澄んだスープ(清湯)になったら上出来出す。
  6. 6 煮干しのダシが「昔ながらの中華そば」の重要なポイント。煮干し入りのダシパックが生臭くないダシが取れて便利です。
  7. 7 鍋に日本酒とみりんを入れて火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばしたら水とダシパックを加え5分ほど煮出します。
  8. 8 チャーシューを作った時の醤油ダレとラードが「昔ながらの中華そば」のもう一つのポイント。
  9. 9 鶏ガラスープと和風だしを半々に合わせたら、チャーシューダレと塩、砂糖で味を調えラードを溶きます。1人前300~350ccが目安です。
  10. 10 麺を表示時間通り茹でたら、手早くザルに取りしっかり湯切りします。茹でながらどんぶりを温めてスープを入れておきます。
  11. 11 スープに麺を入れたら、具を盛って出来上がりです。コショウを振りかけて戴きます。

きっかけ

チャーシューを作ったら、どうしてもラーメンを食べたくなります。特に昔ながらの中華そばは、少年時代へのノスタルジーそのものです。

おいしくなるコツ

鶏ガラスープは煮立てないでじっくりうまみを引き出します。透明なスープ(清湯スープ)に仕上げます。これと煮干し入りの和風だしを合わせると「昔ながらの中華そば」が再現できます。今回「なると」が冷蔵庫に入っていなかったのでほうれん草で代用。

  • レシピID:1790006945
  • 公開日:2012/12/06

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他のラーメンチャーシュー(焼き豚)その他の野菜
関連キーワード
中華そば 清湯スープ 和風だし チャーシュー
料理名
ラーメン
Startrek
  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(9件)

  • kamisuo
    kamisuo
    2022/04/08 20:12
    スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
    とても美味しかったです
  • さよ1382
    さよ1382
    2016/09/24 18:27
    スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
    大変でしたがおいしくできました
  • いけチンパ
    いけチンパ
    2016/05/17 22:18
    スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
    家族がラーメン好きで、お家で作るラーメンに挑戦しました。好評でまた作ります。
  • 菊丸33097408
    菊丸33097408
    2016/02/23 07:47
    スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
    主人、大感動のラーメンでした!

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る