現在地

食べれば食べるほど味が変わる!パンプキンシチュー レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
0

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料2人分

食べれば食べるほど味が変わる!パンプキンシチュー
  • 1,000円前後

カボチャの器に入ったパスタ入りのホワイトシチューです。カボチャをスプーンで掬いながら食べすすめていく、ビックリ&楽しいシチュー。

作り方

  • 1

    カボチャは丸ごとレンジで10分加熱して、蓋の部分を切る。

    種とワタを取り除き、蓋を戻してラップをふんわり乗せて、レンジで内側が柔らかくなるまで再加熱。

  • 2

    ※カボチャの大きさに合わせて、加熱時間が異なります。

  • 3

    <シチューを作る>
    玉葱を少し粗めにみじん切りにして、鍋にオリーブオイルを入れて玉ねぎを炒める。

  • 4

    人参は、細い部分は1cm幅の輪切り。太くなった部分は、1cmの厚さの半月切りにしてレンジ500Wで2~3分加熱。

  • 5

    鶏肉を2cm角(1口大より小さめ)に切りビニール袋に入れる。
    おろしたニンニクと小麦粉を加えて揉んでから、鍋に加えて炒める。

  • 6

    鶏肉の表面が、半分以上が白くなってきたら、ニンジンを加える。鶏肉の表面がほとんど白くなるまで炒める。

  • 7

    ヒタヒタ程度の水を注ぎ、タイムの枝を入れて沸騰したら2~3分煮込む。

  • 8

    牛乳を加えて再度沸騰してきたら、マカロニを加えて蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮込む。

  • 9

    パスタがアルデンテになったら、タイムを取り除き、コンソメを加えて味を調える。

  • 10

    カボチャの器にシチューを注ぎ入れて、蓋をして出来上がり。

  • 11

    スプーンで壁面のカボチャを崩しながらお召し上がりください。

  • 12

    ※タイムの量は、このくらいです。最後に取り除かない場合は、枝から葉を外して葉だけ加えて下さい。

  • 13

    取り除いたワタや種も別の料理にして美味しく食べることができます。

    写真はワタを使って作るパンプキンニョッキ
    レシピID:1220012153

  • 14

    タネを使ったおつまみ:レシピID:1220012154

    この他にも、皮の部分が余った時に作れるレシピもあります。

きっかけ

丸ごとカボチャを調理する機会はあまりないので、せっかくなら器にして食べながら変わるパンプキンシチューにしようと思って作りました。

おいしくなるコツ

マカロニを茹でずに加えて、サラサラのスープにとろみを追加するのがコツ。
カボチャを崩して混ぜていくうちにトロミが増すので、シチューはあまりトロトロにせずに完成させる。

レシピID: 1220012159

公開日:2015-09-22 15:16:31.0

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート

このレシピを作ったら、投稿者さんに報告!つくったよレポートで"ありがとう"を届けよう♪

レシピへのコメント

あなたにおすすめの人気レシピ



おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲食べれば食べるほど味が変わる!パンプキンシチューのページ上部へ