現在地
 > 

ビートルート★ビーツの茎入り★ピンクのポテトサラダ レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
0

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料2人分

  • ビーツの茎

    2株分15センチを20本くらい

  • じゃがいも

    大1個

  • 塩・胡椒

    各ひとつまみ

  • マヨネーズ

    大さじ2

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
ビートルート★ビーツの茎入り★ピンクのポテトサラダ
  • 100円以下

ボルシチでお馴染みのビーツ、保存が効くように酢漬けに冷凍にと根は大活躍。
でも調べてみると元は葉っぱを食べる野菜だったよう。真っ赤な茎とポテサラにしてみました。

作り方

  • 1

    じゃがいもの皮をむいて1.5センチ角ぐらいに切ります。
    ビーツの茎は1センチの小口切りにします。

  • 2

    鍋にじゃがいもを入れて水から茹ではじめます。5分ほど煮て竹串を刺してみて少し硬いぐらいのときにビーツの茎を入れて一緒に煮ます。
    2分経ったら鍋の蓋を利用してお湯を捨てます。

  • 3

    鍋に蓋をして火を弱火にします。鍋を揺すって粉ふき芋を作ります。

  • 4

    ゆであがった芋・ビーツの茎をマヨネーズ・塩胡椒で和えたらビーツ色のピンクポテサラの出来上がり!
    ピンク色は多少薄くなりますが、もちろん一株分でも作れます。

  • 5

    これがビーツ。ビートルートとも呼ばれジュースも市販されていて(ビートイット:ん?どこかで聞いた?)血圧に効くらしい。
    今回、茎を調理しましたが根っこは貯めておいて酢漬けにします。

  • 6

    今朝、冷凍保存しておいたビーツ本体でポテサラを作ってみました。ディープな赤みがおいしそう。
    粉ふき芋を作ったあとに、角切りにしたビーツを加えて味付けします。これはおいしい!!

きっかけ

ビーツの歴史を調べてみたら、6世紀から食べられている葉っぱを食べる野菜だったよう。今のように根っこを食べるようになったのは16世紀からだそう。ということは、赤くてツヤツヤな茎は食べられるのでは?とポテサラにしてみました。

おいしくなるコツ

時間があるときはじゃがいもは丸のまま茹で、その横で長いままのビーツの茎を茹でて色や栄養がお湯に逃げないようにします。
でも大抵、切って一緒に茹でて粉ふき芋にして時短してしまいます。ビーツの色も小さくして茹でたほうが芋に映ります。

登録されているカテゴリ

料理:
サラダ > マヨネーズを使ったサラダ
料理:
サラダ > ポテトサラダ

レシピID: 1200008937

公開日:2015.04.23

おすすめの公式レシピPR

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート

このレシピを作ったら、投稿者さんに報告!つくったよレポートで"ありがとう"を届けよう♪

レシピへのコメント

関連情報

料理用途
普段の料理 おもてなし 妊婦さん

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

おすすめの人気レシピまとめ♪

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ビートルート★ビーツの茎入り★ピンクのポテトサラダのページ上部へ