今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

おいしさの秘密は「下味」!お店のような味しみ唐揚げを家庭でも♪

3,313 view
おいしさの秘密は「下味」!お店のような味しみ唐揚げを家庭でも♪

子供にも大人にも人気のおかず「唐揚げ」は、ご家庭でも作ることが多いメニューのひとつですね。
定番の味付けや変わり種などたくさんの種類がありますが、「下味」をつけることで味が染みて冷めてもおいしい唐揚げになり、お弁当などにも大活躍間違いなしですよ。

「下味」とは?
唐揚げを作る際に肉に調味料などを漬けることで、味付けで唐揚げの味を左右する重要な工程とも言えます。
特に唐揚げの下味はできるだけ長時間漬けた方が良いと思われがちですが、下味を工夫するだけで漬けてすぐに油で揚げてもしっかりと味の染みた唐揚げができますよ。

どんな調味料を使う?
唐揚げの下味と言えばしょうゆ、酒、ショウガ、にんにく、塩などが定番ですね。
しょうゆや塩の代わりに塩麹を使うと肉に程よい塩気が付き、塩麹の効果で肉が柔らかくジューシーに!カレー粉やオイスターソースなどでしっかり味をつけたり、ごま油やラー油などを使うと風味がよくなります。
マヨネーズを使うとマヨネーズに含まれる卵の効果でふんわりと、味がまろやかに仕上がります。

焼き肉のタレも使える
「焼き肉のタレ」も下味にぴったりな調味料のひとつ。
焼き肉のタレには唐揚げに必要な調味料が含まれているので、面倒な計量もなく下味に使えて便利です♪

(テキスト:西島 槙)

まず押さえたい!基本の下味唐揚げ

味がしっかりついているので、お弁当のおかずなどにも◎
食べる前日に準備しておけば、しっかり下味のついたおいしい唐揚げが作れます!

オイマヨで風味豊か!冷めてもおいしい唐揚げ

一口大に切った鶏肉に漬けダレを良く揉みこみ冷凍し、食べる前に冷蔵庫に移し解凍してから小麦粉と片栗粉をまぶして揚げるだけで、冷めてもおいしい唐揚げのできあがり!時間があるときに冷凍しておくと便利です。

塩麹効果で柔らかジューシー♪

塩や醤油の代わりに塩麹を入れて漬け込むだけ!肉が柔らかくなり、ふわっとした食感に仕上がります。
にんにくを使わなくても風味が豊かなので、においも気にせずたくさん食べられますね♪

みんな大好き!カレー味の唐揚げ

定番人気メニュー唐揚げ×カレー味という、最強レシピです♪
作り方は、唐揚げの材料にカレー粉を少し混ぜてから漬け込み油で揚げるだけ!お酒のお供にもおすすめです。

焼き肉のたれで時短&おいしい♪

味付けは焼き肉のたれと塩コショウのみ!漬け込み時間も要らないので忙しい方にもおすすめのレシピです。
おいしさの秘密は、焼き肉のたれに含まれている材料にあります♪

作者紹介

西島 槙
フードコーディネーター
建築インテリア系専門学校卒業後、インテリアコーディネーター等を経験。
自身が体調を崩した経験より食の大切さを改めて見つめ直し、フードコーディネーターを取得。一児の母として育児をしながら、レシピ開発やコラム執筆などを通じて食の楽しさを発信している。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
人気メニュー
唐揚げ
鶏のから揚げ
目的・シーン:
お弁当
お弁当のおかず
お弁当 からあげ
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト

あなたにイチオシの商品

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲おいしさの秘密は「下味」!お店のような味しみ唐揚げを家庭でも♪のページ上部へ