今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

カリカリもちもち食感の「チヂミ」でお家居酒屋開店!

4,199 view
カリカリもちもち食感の「チヂミ」でお家居酒屋開店!

韓国発祥の「チヂミ」
外はカリカリ、中はもちもち食感でいくらでも食べられそうなチヂミ。
韓国発祥の料理で、ニラなどの具材と小麦粉や水を混ぜ合わせて薄く焼いたものです。
ピリ辛タレにからめればビールが進む1品になり、お家で居酒屋気分を楽しめますよ。
また、暑い日が続き「なんだか夏バテ気味かも」というときも、焼いているときの香ばしい香りは食欲をアップさせてくれます。

カリカリもちもち食感にするために
チヂミのおいしさのポイントと言えば、カリカリもちもちの食感ですよね。この食感を簡単に作るには、小麦粉に片栗粉を混ぜる、多めの油で焼く、焼く時にチーズを乗せるなどの方法があります。
また、加熱ムラがないように、厚さを均等にして焼くこともポイントです。

冷蔵庫に余っている野菜を活用
チヂミに欠かせない野菜と言えばニラですよね。ニラがない時は、冷蔵庫にある野菜で代用しましょう。
ねぎや玉ねぎ、にんじんなどお好みの野菜でOKです。もともと、小麦粉や片栗粉と水を溶いて生地を作っているので、どんな具材でもおいしく作れます。
また、余ったそうめんなどを入れるとボリュームも出て、育ち盛りの子どもも喜んでくれるかもしれません。

ぜひ、この夏はチヂミでお家居酒屋を楽しんでみてください。

(テキスト:管理栄養士 若子みな美)

ねぎたっぷり!やみつきチヂミ

豚肉とねぎをたっぷり入れたチヂミは、味はもちろんボリュームも満点。大人も子どもも喜ぶ味ですよ。

ニラだけで簡単に

具材はニラだけでOK。あえてニラのみで作ることでシンプルなおいしさを楽しめますね。

チーズ入りでカリカリに

生地にチーズを入れればカリカリチヂミが簡単に作れます。ベーコンなどを入れることでうま味もアップ。

ニラたっぷりがあとひくおいしさ

ニラをたっぷり使ったチヂミはまた食べたくなるおいしさ。ニラを細かく切ることで、生地全体にニラが行き渡りますね。

そうめんがチヂミに大変身

余ったそうめんがチヂミになるなんて驚きですね。野菜を電子レンジで加熱してから加えることで、水っぽくなるのを防止できます。

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

各国料理:
韓国料理
チヂミ
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲カリカリもちもち食感の「チヂミ」でお家居酒屋開店!のページ上部へ