今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

やっぱり冷えは美容の大敵!?冷え改善でポカポカ美人になろう!

2,408 view
やっぱり冷えは美容の大敵!?冷え改善でポカポカ美人になろう!

体が冷えることはなぜ美容によくない?

私たちの体の中では、血液とともに酸素や栄養が体の隅々まで運ばれています。その血流が冷えの影響で悪くなってしまいます。酸素や栄養が体にうまく運ばれなくなるため、結果的にお肌がくすみやすくなったり、血色が悪くなったりするといったお肌のトラブルのもとにもなります。

冷えの影響はお肌だけにとどまりません。私たちの内臓や消化酵素などは38℃前後が最適な温度帯となっています。体が冷えてしまうと活動が鈍くなり、胃がもたれやすくなったり、腸の動きが悪くなったりします。

体を冷やす食べ物は?

体を冷やす食べ物といえば、「冷たいもの」です。例えば、生野菜、ざるそば、アイスクリーム、刺身、冷奴などです。
冷たいものが体に入ると、身体の内側から冷えてしまいます。特に気温が高くなってくると、冷たい飲み物に冷たい食べ物という組みあわせが増えてくることで、より体が冷えやすい状況になります。

もう一つ体を冷やす原因は、食事全体を通して「バランスが悪い」ことです。
普段食べているものを大きく分けると、エネルギー源になるものとそうでないものに分かれます。

エネルギー源になるものといえば、炭水化物やたんぱく質、脂質になります。過度なダイエットでこれらを極端に減らしてしまうと、体はエネルギー不足になります。エネルギー源がなければ体は動きませんのでさらに冷えやすくなります。

エネルギー源にならないものとは、ビタミンやミネラルです。これらはエネルギーにはならなくとも、食べ物をエネルギーに変える代謝に大きく関与しています。そのため、エネルギー源になるものとともにビタミンやミネラルもきちんと摂り、バランスよく食べることが基本です。○○だけ、といった偏った食生活には気をつけましょう。

体を冷やす食べ物を、体にもっと優しくするには?

食べ物そのもののバランスは基本ですが、体の冷え予防には調理法も大切です。
野菜であれば蒸して温野菜にしたり、煮物にしたりと加熱することで温かい状態で食べるようにしましょう。お味噌汁やスープもオススメです。

すべて温かいもの!というのも難しいと思いますので、食事に必ず温かいものを1品以上取り入れることで冷え予防、さらに健康美を維持していきましょう!

(テキスト: 管理栄養士 磯村 優貴恵)

バランスよく食べて、冷え予防!おすすめレシピ3選

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
野菜
にんじん
食材:
野菜
ブロッコリー
料理:
ご飯もの
炊き込みご飯
たけのこご飯
料理:
汁物・スープ
味噌汁
その他の味噌汁
料理:
汁物・スープ
野菜スープ
楽天レシピメルマガ会員募集中!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲やっぱり冷えは美容の大敵!?冷え改善でポカポカ美人になろう!のページ上部へ