冷蔵庫で干物が簡単☆ 「イサキ一夜干し」 レシピ・作り方

冷蔵庫で干物が簡単☆ 「イサキ一夜干し」
  • 1時間以上
  • 500円前後
Startrek
Startrek
冷蔵庫で簡単に干物ができます。下味を付けて巻き簾に載せあとは放っておくだけ。ふんわりした一夜干しは旨みが凝縮していて絶品です。

材料(2人分)

  • イサキ(中型) 1尾
  • 日本酒(下味用) 大さじ2
  • 塩(下味用) 二つまみ程度

作り方

  1. 1 イサキやタイなどの硬いウロコにはペットボトルのキャップが便利。包丁のように引っかからないので軽い力で取れます。
    ≪注意≫ヒレに指を刺さないよう細心の注意を!
  2. 2 エラを切ってから腹を割き内臓をエラごと取り出します。腹の中は背骨の裏に包丁の切っ先で切れ目を入れスプーンなどで血合をかき出して流水で洗い流します。
  3. 3 表側の中央肉厚部に斜め十字に飾り包丁を入れ、裏側は背側の肉厚部に縦に1本隠し包丁を入れます。酒と塩を振ってトレーに載せ30分ほど置いて下味を付けます。
  4. 4 紙タオルで水気を拭き取ったらトレーの上に巻き簾を敷き、下味を付けたイサキを載せて冷蔵庫の上段に入れ、そのまま丸1日乾燥させます。
  5. 5 ほどよく干し上がった一夜干しはサッと水で濡らしてから予熱した両面焼きグリルに入れて中火で12分ほどじんわり焼き、仕上げに強火で2分焼いて焼き目を付けます。
  6. 6 皿に盛り付けて出来上がりです。大葉を敷いてハジカミを添えると(分量外)小料理屋風で一層美味しそうに見えます。

きっかけ

取り寄せたイサキに活きが良かったので下拵えをして冷蔵庫で一夜干しにしました。

おいしくなるコツ

ウロコを取る時ペットボトルのキャップが便利とテレビで言っていたので試したら包丁の背より簡単な感じでしたが、鋭い胸ビレや腹ビレに指を刺さないよう気を付けたほうがよさそうです。エラを切って置くと食道も切れて内臓が取り出しやすくなります。

  • レシピID:1790011093
  • 公開日:2015/03/30

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
焼き魚イサキ
関連キーワード
ウロコ取り 魚のさばき方 一夜干し 干物の焼き方
料理名
焼き魚
Startrek
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連カテゴリ

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る