春の香り☆よもぎの下処理(冷凍と乾燥) レシピ・作り方

春の香り☆よもぎの下処理(冷凍と乾燥)
  • 約1時間
  • 100円以下
alinaアリーナ
alinaアリーナ
春になったら♪お花見もいいけど、草団子もね♪みんなでヨモギを摘んで春の香りをいただきます!した処理しておけばいつでもヨモギの香りが楽しめます!

材料(たくさん!人分)

  • よもぎ たっぷり(300g)
  • 重曹 小さじ1~2

作り方

  1. 1 よもぎを摘んできます。
    できたら若くてやわらかいところがいいです。

    ゴミや硬い茎などを取り除いてたっぷりの水でじゃぶじゃぶよく洗います。
  2. 2 300gちょっとありました。

    大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて重曹を加えます。
  3. 3 青菜をゆがくようにさっとゆがきます。

    入りきらないので2回に分けました。
  4. 4 ざるにあけてから冷水にとり冷やします。
    水は3~4回変えてアクをとります。(長時間浸けておく必要はありません)
  5. 5 ぎゅーっと絞ったらこれだけになりました。
  6. 6 すり鉢でするか、フードプロセッサーで細かくしました。

    このまま冷凍できます☆
  7. 7 こちらはレンジで乾燥させます。
    ↑⑤の状態です。

    600wで5~10分ずつを繰り返し、かき混ぜながら合計30分ほどチンしました。
  8. 8 時々かき混ぜながら、カサカサになるまで乾燥させます。
  9. 9 300gの生葉が1/10の32gになりました。。。

    このまま瓶などで乾燥剤を入れて保存できます☆
  10. 10 今年は草餅、よもぎ蒸しパン、よもぎパンでいただきました(^-^)
  11. 11 ☆よもぎパン→http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770014784/
  12. 12 ☆よもぎ蒸しパン→http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770014831/

きっかけ

家庭菜園のわきに生えてたよもぎを父が大量に摘んできてくれました。大量すぎて処理できないので、保存できるように台所でこそこそ下処理。結構嫌いでないこの仕事。

おいしくなるコツ

①の掃除がいちばん大変です…。 若い葉はアクが少いですが香りが弱いです。硬い葉は香りが強いですがアクがあります。ほどよくブレンドしてもいいですね♪(若葉だけ摘むつもりが大きいのも入ってしまうので)

  • レシピID:1770014770
  • 公開日:2013/04/09

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
よもぎ
料理名
よもぎの下処理(冷凍と乾燥)
alinaアリーナ
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(2件)

  • skaa
    skaa
    2020/05/16 20:38
    春の香り☆よもぎの下処理(冷凍と乾燥)
    美味しそうな、よもぎの若葉を見つけたので、これでお菓子を作ろうと思いましたが、処理の仕方が分からずこちらにたどり着きました。
    これからこちらを冷凍します。
  • オレイリーさんち
    オレイリーさんち
    2013/05/31 17:52
    春の香り☆よもぎの下処理(冷凍と乾燥)
    家の所に自生しているヨモギ。以前から摘んで何か作りたいなぁ、と思っていたのでまずはアリーナさんのレシピで乾燥ヨモギを。香りが抜群に良く癒されます♥

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る