楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

【8選】大量消費にもおすすめ!もやしを使った節約主菜・副菜・汁物レシピをご紹介

8,075view 2023/09/28 09:00 節約・家計管理
【8選】大量消費にもおすすめ!もやしを使った節約主菜・副菜・汁物レシピをご紹介
こんにちは!管理栄養士の植草 真奈美です。

節約したいときに大活躍してくれる食材といえば、もやしではないでしょうか。1袋数十円から買うことができる、家計の強い味方です!
もやしは炒め物や和え物、スープなど使える料理の幅が広い食材でもあります。味が淡白なので、いろいろな食材と合わせやすいのが特徴です。

今回は、楽天レシピに掲載されているレシピの中から、もやしを使った主菜、副菜、汁物のおすすめレシピを8品ご紹介します。
いつもとひと味違うもやし料理を楽しんでみてくださいね。

【初回登録は1か月無料!】
「今日の夕飯 何にしよう…」から解放されよう!管理栄養士が「時短」「節約」などのテーマで、あなたのために献立を提案します!
>>楽天レシピプレミアムサービス(iOS・Androidアプリ)の詳細をチェック

家計の救世主であるもやしを使ったおすすめレシピ8選

低価格で年間を通して手に取りやすく、家計の救世主になってくれるもやし。
1袋200~250g入っているので、1袋の使用でもおかずにボリュームが出ますよね。肉や魚、卵、野菜など、どんな食材とも相性がよいのも嬉しいポイント。

今回ピックアップしたレシピはどれもとても簡単で、もやしの大量消費にもぴったりな8品です。
主菜、副菜、汁物のレシピに分かれていますので、お好みのレシピを献立の中に取り入れてみてくださいね。

【主菜】豚肉ともやしと小松菜のオイスターソース炒め

もやしをたっぷり2袋分使った炒め物のレシピです。豚肉と小松菜を合わせて、オイスターソースやしょうゆで味を付け、中華風に仕上がります。
豚肉はこま切れを使用していますが、お好みに合わせて、豚バラなどに変えてもよいでしょう。

レシピでは油を使用せずに作っていますが、使用するフライパンによっては油を入れて炒めるようにしてくださいね。サラダ油や米油など、香りのない油でもよいですが、ごま油を使っても相性がいいですよ。

もやしをたっぷり使っているので、弱火で炒めると水が出やすくなります。強火でサッと短時間で炒めて、もやしのシャキシャキ感も楽しめるように仕上げるのがおすすめです。

【主菜】ニラともやしの卵炒め

もやしにニラと卵を合わせて炒める、炒め物レシピです。卵はマヨネーズで炒めることで、油の役目と味付けも一緒にできて時短になります。マヨネーズはオイスターソースやしょうゆなどの調味料とも相性がいいですよね。

にらともやしはサッと短時間で炒めて、シャキシャキとした食感を残すのがおすすめです。食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭など、卵だけで物足りなく感じてしまう方は、豚肉を加えてつくるのもおすすめです。

にんじんや赤パプリカなどを細切りにして加えると彩りがさらによくなり、ビタミンなどの栄養素もプラスすることができます。

【主菜】オムキャベもやし

せん切りキャベツのかさましにもやしを使い、卵で巻いて仕上げる、オムキャベもやしのレシピです。

お好み焼きソースとマヨネーズ、青のりをトッピングした、お子さんにも食べやすい一品ですよ。キャベツともやしはシリコンスチーマーに入れて電子レンジ加熱でしんなりさせていますが、卵を焼く前にフライパンでサッと炒めてもよいでしょう。しっかりと水気を飛ばしてしんなりさせるのがポイントです。

キャベツももやしも加熱することでカサが減るので、1品でも野菜をたっぷり食べられますよね。豚肉やえび、いかなどの魚介を加えて作ると、食べ応えがアップしますよ。

【副菜】ささみときゅうりともやしの梅和え

きゅうりともやしと鶏ささみを、梅干しやポン酢、鶏がらスープの素で和えて仕上げるさっぱりとした1品です。きゅうりと鶏ささみで作ることが多いですが、もやしでかさましすれば、たっぷり作ることができます。

もやしと鶏ささみはそれぞれ茹でていますが、電子レンジでの加熱も可能です。
鶏ささみをしっとり仕上げるため酒と水を加え、鶏ささみが水分に浸っている状態でラップをし、レンジで加熱しましょう。600Wで3分程度の加熱が目安です。

もやしも耐熱容器に入れてラップをかけ、600w3分〜3分半程度の加熱で火を通すことができます。お好みの方法で作ってみてくださいね。

【副菜】もやしとほうれん草のナムル

もやしとほうれん草をそれぞれ茹でて、鶏がらスープの素やにんにく、ごま油で和えて作る、ナムルレシピです。たっぷり作り置きしておけば、献立の副菜としてや、お弁当のおかずにも使える、便利な1品です。

もやしとほうれん草は、茹でたあとにしっかりと水気を切るのがおいしく作るポイントです。水分が残っていると味がぼやけてしまうので、気をつけましょう。

にんじんやパプリカを加えて作ると、彩りが華やかになるので、おすすめですよ。

【汁物】簡単坦々風豆乳スープ

キャベツともやしをたっぷり使った坦々風スープです。辛味はないので、お子さんでも食べられますよ。鶏がらスープの素や味噌、すりごまなど、家にある調味料で作ることができるのは嬉しいですよね。

キャベツともやしに加えて、豚ひき肉と豆腐、豆乳を使っているので、たんぱく質もとれるスープです。
にんじんやニラを加えると、彩りがよくなり、ビタミンやミネラルもプラスできるので、栄養価の高いスープになりますよ。

【汁物】豚肉ともやしの生姜スープ

豚肉ともやしを使い、鶏がらスープの素と生姜、しょうゆで味付けをしたシンプルなスープレシピです。サッと煮るだけなので、朝食など忙しいときにも作ることができます。
ちょっと余裕のある時は、チューブの生姜ではなく生の生姜をすりおろして加えると、香りや風味が増してさらにおいしく仕上がりますよ♪

にんじんやニラ、コーン、キャベツなど、お好みの野菜を加えて作るのもおすすめです。彩りがよくなるほか、食べ応えもアップします。
もやしはクセのない味わいなので、どんな野菜とも組み合わせることができて嬉しいですよね。

【汁物】もやしと卵の味噌汁

もやしを使った味噌汁のレシピです。溶き卵を流し入れ、かき玉汁のような仕上がりになります。青ねぎをちらすとグッとおいしそうな見た目になりますよね。

溶き卵を流し入れる時は、スープをしっかり加熱し、大きくふわっと2〜3回混ぜるように調理すると、ふんわりとした卵に仕上げることができます。
しっかりと溶いて卵白の塊がないようにすることも、きれいでふわふわの卵に仕上げるポイントです。

レパートリーを増やして「もやし」をおいしく大量消費しよう!

もやしを使った主菜、副菜、汁物のレシピをご紹介しました。作ってみたいレシピは見つかりましたか?

月末など節約したいときに活躍してくれるもやし。今回ご紹介した以外にも楽天レシピにはもやしを使ったレシピが多数掲載されています。
ぜひ、いろいろな料理にもやしを使って、楽しんでくださいね。
【初回登録は1か月無料!】
「今日の夕飯 何にしよう…」から解放されよう!管理栄養士が「時短」「節約」などのテーマで、あなたのために献立を提案します!
>>楽天レシピプレミアムサービス(iOS・Androidアプリ)の詳細をチェック

この記事の作者

植草真奈美 さん
植草真奈美

管理栄養士・フードコーディネーター。保育園で栄養士の実務経験を積んだのち、大手料理教室へ。本社商品開発部でレシピ開発を担当後、ヘルスケア事業部の立ち上げに携わる。独立後はレシピ開発やコラム執筆をはじめ、セミナー講師、実業団への栄養指導のほか、離乳食メディアの監修なども手がける。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

節約・家計管理のランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

楽天レシピ プレミアムサービス開始!3日分献立でラクしよう
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る