今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

とまらないおいしさ「手羽先の唐揚げ」でお家居酒屋開店!

5,587 view
とまらないおいしさ「手羽先の唐揚げ」でお家居酒屋開店!

手羽先とはどの部分?
手羽先とはどの部分かご存知でしょうか?手羽先とは鶏の翼の先の部分です。翼全体のことを手羽と言い、胴体に近い部分を手羽元、先を手羽先と言います。
手羽元は煮込み料理やフライドチキンなどに使われることが多く、手羽先は唐揚げや照り焼きなどによく使われています。

揚げた後にタレを絡めれば名古屋風
手羽先の唐揚げと言えば名古屋めしの1つですが、名古屋風の手羽先の唐揚げには作り方に特徴があります。
手羽先を揚げた後でタレをからめて味付けをしています。手羽先をカリッと素揚げした後で、甘辛味のタレをからめてごまやこしょうをふります。甘辛ダレでからめることで、お酒はもちろんご飯にも合う味の手羽先の唐揚げになるんです。ごまやこしょうがほどよいアクセントとなり、何本でも食べられそうになりますよ。

味付けを変えて数本ずつ作っても
お家で手羽先の唐揚げを作るのなら、たくさん作ってお酒を片手にワイワイ楽しみたいですね。
名古屋風にタレを後がけする唐揚げと、下味をしっかり付けて衣で揚げる唐揚げなど、何種類か味を分けて作るのもおすすめ。お家にある調味料やスパイスを駆使して作ってみましょう。

ぜひ、手羽先の唐揚げでお家居酒屋を楽しんでくださいね。

(テキスト:管理栄養士 若子みな美)

2度揚げでカリッと食感に☆

2度揚げすることで外はカリッと中はジューシーな食感に。揚げたてをビールと一緒に召し上がれ。

揚げる前に蒸すことでお肉がしっとり…♪

手羽先を揚げる前に蒸しておくことでお肉がしっとり仕上がるんだとか。蒸し器で使った湯は鶏のうま味が染み出たスープに早変わり。

漬け込み時間不要で手軽♪

手羽先を揚げてからタレをからめる方法なら漬け込み時間も必要なし。油をしっかり切ってからタレをからめるのがおいしく作るポイント。

お家にあるスパイスで作れる!

ナツメグやオレガノなどお家で余っているスパイスを下味として使う唐揚げ。最後に粉山椒をふりかけてピリッとした味とさわやかな風味を楽しんで。

手羽先に切り込みを入れて火の通りを良く。

手羽先に切り込みを入れてから揚げることで火の通りが良くなり、短時間でたくさん揚げられますね。ビールにもご飯にも合いそうです。

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲とまらないおいしさ「手羽先の唐揚げ」でお家居酒屋開店!のページ上部へ