今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

運動前後に食事はとるべき?安全に体を動かすための食事とは?

1,540 view
運動前後に食事はとるべき?安全に体を動かすための食事とは?

空腹も満腹も危険??

エクササイズを取り入れる理由の一つが減量を視野に入れたダイエット。1gでも早く体重を落としたいという想いから、空腹のまま運動をしていませんか?

空腹の状態で運動をすると低血糖をおこしたり、エネルギーがないことで集中力が低下したりしてしまうというデメリットがあります。

かといって満腹の状態で体を動かすと、消化するために胃などの臓器に集まるための血流が、全身に巡ることで消化がうまくいかずに消化不良、気持ちが悪くなる原因にもなります。運動するときは体にエネルギーがある状態を心掛けましょう。

運動前には何を食べたら良いの?

運動する2~3時間前であればごく普通の食事でOKです。ただし、体への負担を考えると脂質は控えましょう。

運動1時間前に小腹が空いている場合は、消化の良いものを選びましょう。例えば柔らかめに炊いたご飯やお茶づけ、うどんなど炭水化物で上手にエネルギー補給をしましょう。

約30分前に小腹が空いている場合は、ゼリー飲料やバナナなどの消化の良いものがいいでしょう。

運動後も食事も大切です!

運動後は疲れて横になりたい・・・という気持ちもありますが、運動後の食事は疲れを後に引きずらないためにもとても大切です。

運動することで筋肉を使っていますので、筋肉をケアするためにタンパク質やアミノ酸を含む食材を摂りましょう。また、エネルギーも使っていますので、消化の良い炭水化物でエネルギーチャージも忘れずに!

そしてエネルギー代謝をスムーズにするのに役立つクエン酸を運動後に摂りましょう。クエン酸は梅干しやかんきつ系の果物など酸味のあるものに含まれます。食欲があれば梅干し入りのおにぎり、食欲がいまいちない場合はオレンジジュースなどでも良いでしょう。

健康的な体作りには適度に体を動かす運動、バランスの取れた食事の双方がとても大切です。
さらに質の良い睡眠をとり入れることで、学んだことや習得したことが脳にしっかりとインプットされたり疲労回復に役立ったりします。運動、食事、睡眠の質を上げて心と体のバランスを保ちましょう。

(テキスト: 管理栄養士 磯村 優貴恵)

エクササイズ前後におすすめレシピ3選

作者紹介

磯村 優貴恵
管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
ご飯もの
アレンジごはん
お茶漬け
食材:
その他の食材
漬物
梅干し
食材:
果物
オレンジ
料理:
麺・粉物料理
うどん
アレンジうどん
食材:
果物
バナナ
【Googleアシスタント×楽天レシピ】サービス開始!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲運動前後に食事はとるべき?安全に体を動かすための食事とは?のページ上部へ