ホタテとニラと白菜の水餃子 レシピ・作り方

ホタテとニラと白菜の水餃子
  • 約1時間
はかせ55
はかせ55
ホタテとニラのうまみが効いた、具だくさんの水餃子を作ってみました。食べやすいサイズの水餃子40個分の材料です。

材料(2~3人分)

作り方

  1. 1 皮を作る。ボウルに中力粉を入れ、ぬるま湯を少しずつ注ぎながら箸で混ぜていく。
  2. 2 全体に水分がいきわたり、ポロポロになったら手でこねる。しばらくこねてまとまったら麺台(またはまな板)に出す。
  3. 3 3~5分程こねて、表面が滑らかになってきたら丸くまとめてボウルに入れる。ふた(または濡れふきん、ラップなど)をして、30分~1時間寝かせる。
  4. 4 季節や室温によって使うぬるま湯の分量が変わります。暑い季節は160~170cc程度、寒い季節は170~180cc程度でうまくまとまります。
  5. 5 皮の生地を寝かせている間に餡を作る。ニラ、白菜はみじん切りにする。ボイル済みのミニホタテは粗めのみじん切りにする。
  6. 6 ひき肉をボウルに入れ、箸で一方向に混ぜながら酒を少しずつ加える。
  7. 7 粘りが出てきたらしょうゆ、オイスターソース、塩、五香粉を入れて混ぜ、ホタテ、ねぎ、しょうがも入れて混ぜる。皮を作る間寝かせておく。(室温が高いときは冷蔵庫に入れてください)
  8. 8 皮を作る。③の生地を打ち粉を振ったまな板に出して軽くこねる。4等分にし、一つを直径3cm程度の棒状に伸ばす。残りの3つはボウルに入れ、乾かないように蓋やラップをしておく。
  9. 9 棒状の生地を包丁で10等分に切る。断面に打ち粉をまぶし、手で断面をつぶすように平たくする。麺棒で直径8cm程度の円形に伸ばしていく。
  10. 10 詳しい皮の作り方はレシピID:1200002450「手作り★基本の餃子の皮」に説明がありますので、よろしければご参照ください。
  11. 11 伸ばした皮はくっつかないように打ち粉を振ったトレイの上などに並べていく。残りの生地も同じように伸ばし、合計40枚の皮を作る。
  12. 12 餡を完成させる。⑦に刻んだニラと白菜を加えてよく混ぜる。最後にごま油とサラダ油も入れて混ぜる。(皮に包む直前に野菜と合わせると、野菜の水分が出にくくなります)
  13. 13 餃子の皮で餡を包む。(茹でる時に開かないようにしっかりと皮をくっつけてください)包んだ餃子は打ち粉を振ったトレイに間隔をあけて並べていく。
  14. 14 餃子を茹でる。大鍋にたっぷりのお湯を沸かす。沸騰したらお湯を軽くかき混ぜてから餃子を一つずつ落としていく。(鍋底にくっつくのを防ぎます)まずは半量の20個茹でる。
  15. 15 蓋をし、吹きこぼれない程度の強めの中火で茹でる。餃子が浮かんできたら3分ほどさらに茹でる。
  16. 16 餃子が全体的にぷっくりと膨らんできたら蓋を取り、さらに3分ほど茹でる。皮を触ってみて柔らかくなっていれば茹であがり。
  17. 17 残りの20個も同じように茹でる。(一度に40個鍋に入れてしまうと、お湯の温度が下がってしまうので、二回に分けるのがおすすめです)

きっかけ

定番の白菜と豚肉の水餃子に、ホタテとニラも加えて作ってみました。

おいしくなるコツ

あんにしっかり味がついているので、お酢や黒酢などでサッパリと食べるのがおすすめです。

  • レシピID:1200020100
  • 公開日:2022/03/26

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
水餃子豚ひき肉白菜ホタテにら
はかせ55
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る