今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

冷めても美味しい!持ち寄りパーティーに「キッシュ」はいかが?

13,370 view
冷めても美味しい!持ち寄りパーティーに「キッシュ」はいかが?

具材や生地をアレンジした様々なキッシュがありますが、持ち寄り時に抑えておきたいポイントをご紹介します。

●生地があるしっかりしたもの
生地がないレシピや卵液がゆるいタイプのキッシュは、持ち運び時や取り分けが難しいことがあります。
生地を厚くしたり、焼き上がりがしっかりしている方が崩れる心配もなく安心です。

●具材は旬なものやゲストを意識して
この時期なら、ほうれん草、鮭、きのこ、かぼちゃなどの旬食材を使うと喜ばれます♪
普段っぽさが出てしまうウインナーやハム等より特別感が出ます。
また、子供がいる時は、かぼちゃやコーンなど甘みのある具材もオススメです。
さらに、彩りのある食材を使うと、取り分けたときの断面も綺麗なので見栄えも◎です!

●焼き型で演出も
大きめのタルト型やパウンド型を使うと、存在感のあるキッシュになります。ケーキのように切り分けるワクワク感もありますね。
また、マフィン型のような一人サイズのカップ型なら、取り分ける手間もなく食べやすいです。ミニキッシュを並べるとおしゃれなカフェのよう。パーティーシーンに合わせて形や大きさを決めましょう。

持ち寄り時のキッシュは、家で食べるときとは少し違った目線で作ってみてくださいね。

(テキスト:宇田川 みさき)

生地も手軽に作れちゃう!ベーコンとほうれん草のキッシュ

身近な材料とボウル一つで作れる生地は、ぜひ覚えておきたいレシピです。
定番のベーコンとほうれん草の組み合わせは、見た目も味も◎!
みんなに喜ばれること間違いなしです♪

旬の鮭ときのこが美味しい♪厚焼きキッシュ

ほうれん草の他に、鮭ときのこを入れたキッシュは、この時期ならではの味わいです。
冷凍パイシートを使っているので、生地を作る手間が省け、気軽に作れますね。
厚焼きのキッシュは見た目も食べ応えもバッチリです♪

パウンド型のキッシュもおしゃれ★カラフル野菜のキッシュ

タルト型がなくても大丈夫。存在感のあるパウンド型のキッシュは持ち寄りパーティーにぴったりです。
具材には、パプリカ、ミニトマト、アスパラガスなどカラフルな野菜が使われているので、切り口も◎!
クリスマスカラーなので、クリスマスシーズンに活躍しそうですね。

かぼちゃの甘さがたまらない!シチューみたいなキッシュ

かぼちゃ、ベーコン、玉ねぎなどの具材にクリーミーな卵液を流し込んで焼いたキッシュは、シチューのような味わいのキッシュです。
お子様のいるパーティーにも喜ばれそうですね♪

取り分ける必要なし!カップ型の簡単キッシュ

マドレーヌ型やマフィン型などのカップで作ったキッシュは、カットする手間が省け、取り分けもしやすいですね。
小分けのキッシュを並べると、おしゃれなカフェ風にも見えますよ♪

作者紹介

宇田川 みさき
料理家・栄養士・ビューティーフードアドバイザー
カフェレストランやケータリング、バリスタなど様々な飲食業界で経験を積んだ後、大手料理教室で講師を務め、調理の技術研修や料理・パンの教科書、栄養素関連の書籍執筆にも携わる。
現在は自宅で料理教室「Vege&Tsubu&Coffee」を主催。2児の母としても奮闘中。

関連する記事

【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲冷めても美味しい!持ち寄りパーティーに「キッシュ」はいかが?のページ上部へ