現在地

魔法の調味料 塩レモンのカボス版 塩カボス レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
3

0

簡単だった

0

節約できたよ

2

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料複数人分

  • かぼす(今回は2個 200g)

    1,2こ

  • 塩(かぼすの10%)

    20g

  • 砂糖(かぼすの5%)

    10g

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
魔法の調味料 塩レモンのカボス版 塩カボス
  • 100円以下

かぼすで香り高い発酵調味料に挑戦。少しの量でも腐敗しにくいように袋で仕込む方法を考えました。すだち、ライム、等でも可能です。

作り方

  • 1

    かぼすをよく洗い、重さをはかる。必要な塩と砂糖の量を計算する。袋に計算した重さの塩と砂糖を入れる。

  • 2

    かぼすを切っていく。くしぎりでもOKだが、今回は使いやすいようにみじん切りにする。

  • 3

    半分に切り、頭とおしりの部分を切る。果肉が見えたら、箸か、細いフォーク等でタネをほじり出す。タネが取れたら、切りやすいように果汁を袋に絞り入れておく。

  • 4

    くし切りの場合、タネも入れる。今回は完成した後みじん切りの中から取り出すことは面倒なので、残念ながら入れない。

  • 5

    皮をみじん切りにして、袋に入れる。入れ終わったら、袋をもみ、塩、砂糖となじませる。

  • 6

    常温で毎日1回もみ、観察しながら発酵させる。空気に触れる部分が腐りやすくなるので、袋をしばる時、できるだけ空気を抜く。

  • 7

    2週間後位から使えます。香り、塩の感じかたの変化をみて、好みのところで冷蔵庫に移してください。

  • 8

    ※写真の奥の瓶の中は、塩レモンです。
    手前の袋入りのが塩かぼすです。

  • 9

    翌日、皮の緑色が黄緑に変化。
    6日目にして香りが変わったのでビビって冷蔵庫へ。(室温25度位)
    塩はまだちょっととんがった感じ。

  • 10

    1週間後、水分が足りないと判断し、水分50mlと塩5gを足す。
    もう一度常温発酵スタート。
    追加で手に入ったカボスの果汁と内袋も追加。

  • 11

    2週間後、塩の角が取れてきておいしくなりました。酸味、香りがすごくいい感じです。
    もう使い始めます。

  • 12

    皮の苦味も気にならないくらいに取れています。発酵って不思議ですね。
    使いやすいように瓶に入れ替えました。

  • 13

    塩カボスを練り込んだパン。
    「塩かぼす 食パン」
    http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1470008628/

きっかけ

国産レモンは手に入りにくいので、たまたま手に入ったかぼすで作ってみた。

おいしくなるコツ

いい塩を使う。
水分がある程度あった方が、失敗しにくいと思います。
追加する場合は、かぼす果汁でも水で大丈夫なので、忘れずに追加分の水の10%の塩も入れます。

レシピID: 1470008618

公開日:2015.09.15

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ 2件

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 2

最近スタンプしたユーザー

  • nyanko-sunny
  • chocoa12

つくったよレポート 1件(1人)

  • 2015.10.06

    かぼすで出来るんだ!と知り、塩すだち にしてみました!
    できるのが楽しみです

    すだちもいいですね〜。きっと爽やかな香りのものができる気がします。うまくできるようお世話頑張ってください☆

    お返事を見る

レシピへのコメント

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲魔法の調味料 塩レモンのカボス版 塩カボスのページ上部へ