今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

ビスケットとスコーン、どう違う?徹底的に解説します!

81,044 view
ビスケットとスコーン、どう違う?徹底的に解説します!

日本人が「ビスケット」と聞けば、薄いクッキーのような焼き菓子をイメージしますが、KFCなどで販売している「ビスケット」やアフタヌーンティーなどでいただく「スコーン」も市民権を得ています。このスコーンとビスケットはとても似ていますが、アメリカ発のビスケットとイギリス発のスコーン、どう違うかご存知ですか?この際、レシピとともにしっかり違いを学んでおきましょう!

■スコーン

ニューヨークタイムズ紙の食コラムによると、名門フォーシーズンズホテルのペーストリーシェフが言うには、「スコーンとビスケットの違いは、たった小さじ2杯の砂糖と1個の卵だけ」だそう。英国式のスコーンは、少し甘めで紅茶などと一緒にいただく焼き菓子です。

食べる際にボロボロ細かくなってしまうほろりとした生地も特徴。こっくりしたクロテッドクリームやジャムなどをつけて、紅茶といただくと幸せな気分が満喫できます。割れた部分は「狼の口」と呼ばれ、これがあるのが上手に焼けている証拠だそう。この割れ目から手で水平にふたつに割って食べるのがマナーとされています。

■ビスケット

一方、KFCの故郷、ケンタッキー州があるアメリカ南部で作られてきたビスケットは甘みがなく、食事と共にいただくクイックブレッドです。甘みのないビスケットはフライドチキンのお供としてはもちろん、バターやジャム、はちみつやメープルシロップなどを添えていただいても、グレイビーやハムと一緒に食するにも適しています。粉チーズやハーブを混ぜ込んで焼いたミニビスケットは、ワインに合うオシャレなオードブルにも変身します。

ホットケーキミックスを使って簡単に作れるレシピから、イギリス仕込みの本格派スコーン、KFCそっくりのビスケットなど、ぜひマスターしてみましょう。お子さんと一緒に簡単に作れるスコーンは、ドライフルーツやチョコチップなど混ぜ込む素材を工夫すれば、さらに美味しくいただけます。

HMがあれば出来ちゃうスコーン♪

材料はまさかの3つ!夢の腹割れスコーン風がお家で簡単に再現できちゃいます。

焼き立てを召し上がれ!絶品ビスケット

外はサクサク、中は生地が層になってふんわり!あの店の味を再現しています!

クロテッドクリームとジャムでいただく英国風スコーン

オオカミの口がぱかっと開けば大成功!材料がシンプルなだけに、良質なものを選ぶのがポイントです。

紅茶葉やチョコチップでアレンジ楽しい簡単スコーン

親子で作って楽しい、とっても簡単なスコーン!それでいて、とっても美味しいんです^^

バターたっぷりの贅沢なブルーベリー・スコーン

ブルーベリーの甘みとさっくり食感で贅沢気分!プレゼントにも気が利いています◎

作者紹介

楽天レシピ編集部
「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
お菓子
スコーン・マフィン
スコーン
料理:
お菓子
クッキー
ビスケット
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲ビスケットとスコーン、どう違う?徹底的に解説します!のページ上部へ