今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

GWで乱れてしまった子どもの食生活!もとに戻すための改善方法は?

2,632 view
GWで乱れてしまった子どもの食生活!もとに戻すための改善方法は?

GWなどの長い休みは子どもと過ごす時間が長く、おやつを求められることも増えますよね。
「連休の間だけ特別!」と与えてしまうと、普段よりも食べ過ぎてしまったり、食事の時間にお腹が空かず欠食をしてしまったりと、食生活が乱れやすくなってしまいます。

おやつの食べ過ぎで乱れた食生活を整えるポイント

おやつで乱れた食生活を元に戻すには「生活リズムを整える」ことがポイントです。
具体的には「朝食を食べる」ことを意識しましょう。

早起きをして朝食でエネルギー補給をすると、午前中を活動的に過ごせるので、昼食や夕食をしっかり食べられるようになります。
食事で満腹感を得られれば、長期休みで習慣化してしまったおやつの量も徐々に減り、食生活も整っていきます。

おやつを全くなしにする必要はありません。子どもにとっておやつは栄養補給でもあるため、食事に影響しない量と時間を決めて、与えるようにしましょう。
 
市販のお菓子を求められた時、代わりに何をあげたら良い?

子どもは甘いお菓子やスナック菓子が大好きですが、健康面を考えるとなるべく控えたいもの。
本来、子どものおやつは「3度の食事ではとり切れない栄養補給」の役割です。
おやつ=お菓子ではなく、栄養を補える食べ物を選びましょう。

りんごやバナナなどの果物、蒸かし芋やトマト、トウモロコシなどの野菜は、栄養価も高く、素材そのものに自然の甘味があって子どもに好まれやすいです。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、サンドイッチやおにぎりも良いですね。

市販のお菓子の中では、せんべいがおすすめ。せんべいは原材料が米なので安心ですし、硬いのでよく噛んで食べることができます。塩分が控えめで、化学調味料などが使われていない子ども向けのものを選びましょう。

子どもが喜ぶ!ヘルシー手作りおやつ

おいしくて栄養もとれる、ヘルシーなおやつを子どもに食べさせたい!という方には、野菜を使った手作りおやつがおすすめです。

ビタミンや食物繊維がとれて、野菜の持つ自然な甘みや風味で、砂糖控えめでも子どもが喜ぶおいしいおやつができます。

ホットケーキやマフィンの生地には、人参やほうれん草を入れてみましょう。
人参はすりおろして、ほうれん草は茹でてみじん切りやペースト状にして加えます。

かぼちゃやさつま芋は、茹でてマッシュしてパウンドケーキやプリンに入れたり、角切りにしてヨーグルト和えにしてもおいしいです。

「おやつタイムは栄養補給のチャンス!」と捉え、ときには市販のおやつもうまく活用しながら、子どもの健やかな成長をサポートしていきましょう。

(テキスト:管理栄養士 板垣好恵)

野菜を使ったおやつレシピ♪

作者紹介

上野 知佐
管理栄養士・幼児食アドバイザー
1988年生まれ。昭和女子大学生活科学部生活科学科管理栄養士専攻卒業。
社員食堂での勤務を経て、特定保健指導、妊婦さんや産後ママ向けのダイエット指導を行う。現在は、自身の妊娠を機に妊婦さん向けレシピや離乳食、幼児食、母乳育児ママ向けレシピをブログにて発信中。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
パン
蒸しパン
料理:
お菓子
ホットケーキ・パンケーキ
食材:
その他の食材
ヨーグルト
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲GWで乱れてしまった子どもの食生活!もとに戻すための改善方法は?のページ上部へ