楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

ダイエット中で間違いやすい「水分補給」の基礎知識と爽やかなおすすめドリンク

12,614view 2016/07/26 17:00 健康・ダイエット
ダイエット中で間違いやすい「水分補給」の基礎知識と爽やかなおすすめドリンク
水分補給はこまめに

人の体は体重の65%が水分で、体内に栄養素を運んだり、老廃物を排出したり、発汗により体温調節などをしています。体内の水分が減るとさまざまな不調を起こしやすく、熱中症などを起こす原因になります。また、ダイエット中に困る便秘も、水分不足で起こる場合があります。体型や環境にもよりますが、1日に1500ml位の水分を飲料水として取る必要があるので、こまめに、のどが渇く前に水分補給をすることが大切です。

低カロリーの表示の飲料にも注意

暑い日には、スポーツドリンクや嗜好飲料など、ついついたくさん飲んでしまいがちですが、ダイエット中には基本的には飲まないようにするとよいでしょう。「運動をしたからスポーツドリンク!」「夏は熱中症予防ドリンク!」と思うかもしれませんが、屋外での運動や作業でたくさん汗をかく場合以外は、水やお茶で十分でしょう。低カロリーと謳っているものも、100ml当たり20kcal位するものもあるので、たくさん飲むと意外と高カロリーです。

オススメは水かお茶。利尿作用が気になる場合はノンカフェインを

やはり、ノンカロリーの水かお茶が水分補給には最適です。水の場合は、ミネラルや健康成分などがあまり含まれていない、味がなくて飲みづらいといったデメリットもありますが、利尿作用はないので安心です。水だけでは飲みづらい場合は、レモンやオレンジの輪切りをいれたり、ミントを入れると、少し風味がついて飲みやすくなります。

お茶は、ミネラルやポリフェノールなどの健康成分が入っているので、汗で失われたミネラル分を補うことができたり、健康成分によるダイエット効果も多少期待できますが、カフェインによる利尿作用もあります。気になる場合は、麦茶、ルイボスティー、ハーブティーなどのノンカフェインのお茶を選ぶとよいでしょう。

アルコールの脱水の危険

お酒は飲み物なので水分補給をしたつもりになりがちにですが、それはとても危険です。アルコールは分解する際に体内の水を必要として使ってしまうので、お酒は水分補給どころか脱水の状態を加速させてしまうのです。

アルコールを飲む前後に、水やお茶を1杯ずつ飲む、途中でノンアルコール飲料を飲む、などの工夫をすれば、脱水の危険回避と、アルコールの取りすぎを防いで、健康やダイエットにも効果があるでしょう。

(テキスト: 岡田 あや)

爽やかな夏ドリンクでダイエット中でも美味しく水分補給!

この記事の作者

岡田 あや さん
岡田 あや

大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

健康・ダイエットのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

楽天レシピ プレミアムサービス開始!3日分献立でラクしよう
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る