今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

初夏の味覚!甘酸っぱい「ルバーブ」で絶品スイーツ

5,781 view
初夏の味覚!甘酸っぱい「ルバーブ」で絶品スイーツ

シベリア南部原産の「ルバーブ」の日本語名称は”ショクヨウダイオウ”です。美しいルビー色の茎と大きな緑色の葉が特徴的な野菜です。北ヨーロッパやアメリカで栽培されており、初夏定番のスイーツ素材です。ズイキやフキのように茎を食用しますが、強い酸味を持ち、生だとシャキっとした食感。

砂糖との相性がとてもよく、煮るとろっとやわらくなり、美しい深紅の色のジャムやコンフィチュールに生まれ変わります。アンズに似た独特の香りと青りんごのような強い酸味はいちごとの相性が抜群。いちごと合わせたタルトやジャムなどのスイーツが好まれています。

北欧ではルバーブは家庭栽培されるほど身近な野菜。摘み取ってもすぐに新しい芽が出てくるので、夏はずっと新鮮なルバーブが簡単に入手可能。大量に収穫した際には、保存のきく砂糖漬けやジャム、ジュースにして長期にわたって楽しむそうです。

乳製品と一緒にいただくのがおすすめ!

ほうれん草と同様、ルバーブにもいわゆる灰汁(アク)のもととなるシュウ酸が含まれています。調理の際も灰汁はこまめにすくいましょう。レモンを入れるとアクが少なくなります。シュウ酸は体内でカルシウムの吸収を邪魔する働きがあるため、ヨーグルトなどの乳製品と一緒にいただくのが◎。

うっとりするような深紅のルバーブ・ジャムは、パンにはもちろん、アイスクリーム、ヨーグルト、生クリームと一緒にパンケーキなどに添えてもおいしくいただけます。りんごなどにプラスしてタルトやパイのフィリングとしても活躍します。
ルバーブ独特の鮮やかな赤と酸味をぜひ味わってみて下さい。

深紅のルバーブジャム

美しいクリムゾンレッドのジャム♪ 爽やかな酸味と甘味があるので、パンやクッキーにつけていただくのがおすすめです。

ルバーブを加えて酸味をプラスしたいちごジャム

いちごジャムにルバーブを加えるとあっさりした甘酸っぱい味わいに。ヨーグルトに乗せて食べるのは最高!

ルバーブの酸味がさわやかなタルト

ルバーブは赤でも緑でもOK!トッピングのサクサククランブルととろっとしたルバーブの組み合わせが抜群♪

自然に出来るルバーブジュース

実はルバーブジャムを作る時には2度楽しめます。しゅわしゅわ爽やかなジューズになります♪

初夏の味覚を満喫!ルバーブのタルト

ルバーブの編みこみがキュート。レンチンでできる簡単カスタードクリームのフィリングと相性抜群!

作者紹介

楽天レシピ編集部
「楽しく美味しく、みんなを笑顔に♪」をモットーにレシピの紹介記事を発信しています。お気に入りのレシピを見つけて、是非あなたもつくってみてくださいね♪

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
お菓子
タルト・パイ
パイ
料理:
お菓子
クリーム・ジャム
その他のジャム
料理:
お菓子
クリーム・ジャム
カスタードクリーム
料理:
お菓子
タルト・パイ
タルト
楽天モバイル
かどや
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲初夏の味覚!甘酸っぱい「ルバーブ」で絶品スイーツのページ上部へ