楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

【おうちで中華】春巻きの日の献立におすすめの副菜・汁物レシピ8選

17,039view 2023/11/21 09:00 応援!おうちごはん
【おうちで中華】春巻きの日の献立におすすめの副菜・汁物レシピ8選
こんにちは!管理栄養士の植草 真奈美です。

子どもから大人まで幅広い世代に人気のある定番の中華料理・春巻き。豚肉や白菜、にんじん、しいたけ、春雨などいろいろな具材が入ったとろみのあるあんと、パリパリの皮は相性ばっちりですよね。

ただ、揚げ物は手間がかかるもの。忙しい日などはスーパーの惣菜コーナーなどで春巻きを買い、副菜や汁物を手作りで揃えて夕食の献立を作るのもおすすめですよ。

【初回登録は1か月無料!】
「今日の夕飯 何にしよう…」から解放されよう!管理栄養士が「時短」「節約」などのテーマで、あなたのために献立を提案します!
>>楽天レシピプレミアムサービス(iOS・Androidアプリ)の詳細をチェック

春巻きにピッタリなお家で中華の献立レシピ8選

今回は、春巻きが主役の献立に合わせたい、副菜、汁物のレシピをご紹介します。
楽天レシピに掲載されているレシピの中から、簡単にできるレシピやちょっと手間をかけて作る彩りのよい1品、野菜がたっぷりとれるスープなど、いろいろなレシピをピックアップしました。

春巻きを手作りする時は簡単な副菜を合わせる、惣菜の春巻きを活用するときは副菜にはちょっと手をかけるなど、その日の献立準備に合わせてレシピを選んでみてくださいね。

【副菜】長芋ときゅうりの中華風サラダ

長芋ときゅうりを切って、調味液に漬け込むだけの簡単な副菜レシピです。いりごまとごま油を使い、ごまの香ばしい風味をしっかりと感じられる味付けですよ。鶏がらスープの素を使った中華風の味付けは、春巻きとも相性がいいですよね。

きゅうりや長芋、ごまが、ビタミンやミネラルをプラスし、献立の栄養バランスをよくしてくれます。また、サクサクとした食感が献立のアクセントになりますよ。きゅうりは包丁で切るよりも、麺棒でたたいたほうが断面積が大きくなり、味が染み込みやすくなるので、よりおいしく仕上がります。

長芋もきゅうりと同じように叩いて使うことができます。ポリ袋を活用すれば、叩く工程と漬け込む工程がポリ袋の中でできるので、洗い物もなく作ることができますよ。

【副菜】鶏とれんこんの中華風黒酢

鶏肉やれんこん、パプリカ、ブロッコリーに甘酢っぱい黒酢のたれを絡めた1品です。春巻きは茶色一色のおかずなので、パプリカやブロッコリーなど色鮮やかな食材を使うことで、献立の彩りがよくなります。ビタミンなどの栄養素を取り入れることができるので、献立の栄養バランスもよくなりますね。

鶏肉と野菜を揚げているので少し手間のかかるレシピですが、野菜、春巻き、鶏肉の順に揚げることで揚げ油の汚れを抑えて、春巻きと同時に調理を進めることができます。

レシピでは調味液につけるだけで仕上げていますが、しっかりとしたとろみが欲しい場合は、フライパンで調味液を加熱しながら鶏肉と野菜を煮絡めるようにしましょう。

【副菜】ピリ辛でしっとりのよだれ鶏

鶏むね肉にピリ辛のタレを合わせた定番中華です。食べ応えのあるメニューなので、春巻きと合わせるとボリュームのある献立になりますね。食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭などにおすすめの組み合わせです。お酒にも合うので、おつまみにもぴったりですよ。

春巻きとよだれ鶏の組み合わせは野菜が不足しやすいので、もう1品副菜をプラスしたり、野菜をたっぷり使った具沢山の汁物を合わせるとよいでしょう。
ちなみにタレの辛味はラー油のみのため、ラー油を入れる前に取り分ければ、子ども用と大人用を簡単に分けることができますよ。

【副菜】簡単に作れるザーサイ奴

ザーサイと長ねぎを使った具沢山の中華ソースを冷奴に合わせた副菜レシピです。ぱぱっと作ることができるので、春巻きを手作りする日に重宝する1品ですよ。また、春巻きの献立にたんぱく質やビタミン、食物繊維をプラスし、栄養価を高めてくれます。

ミニトマトを切って加えると、彩りがグッとよくなります。中華ソースを作り置きしておけば、豆腐だけでなく肉や野菜などに合わせて使うこともできますね。

【汁物】中華風にゅうめん

春巻き献立の汁物としておすすめの温かいそうめんレシピです。卵を使っているので、献立にたんぱく質をプラスすることができますよ。メインが揚げ物なので、重たくなりすぎないよう、ラー油やごま油の量は控えめにして作るのがおすすめです。

さらに緑や赤など色の濃い野菜を使った副菜と合わせた献立にしたり、にゅうめんに小松菜やにんじんなど彩りのよい野菜を加たりして彩りを足してあげると、食卓がより華やかになりますよ。

【汁物】ふわふわの春雨中華スープ

ニラと卵を使った春雨スープのレシピです。ニラと卵はサッと加熱すればよいので、短い時間で作ることができます。中華風の味付けで、春巻きとも相性のよい1品ですね。
野菜をたくさん入れるとビタミンや食物繊維などの栄養素をプラスすることができるため、にんじんやキャベツなどの野菜を加えて作るのもいいでしょう。

卵をふわっと仕上げるコツは、卵を流し入れる前にしっかりとスープを温めて温度を高めること、そして、卵に火を通しすぎないよう、流し入れたら大きく2〜3回かき混ぜて火を止めることです。

【汁物】ミニトマトの酸辣湯

ミニトマト、豚肉、干し椎茸など、旨みを持つ食材を取り入れた、酸辣湯のレシピです。酸味と辛さが楽しめるスープは、春巻きとも相性抜群!春巻きと合わせて献立にすると、たんぱく質やビタミン、食物繊維をプラスすることができ、栄養価が高まります。

レシピでは茹で鶏を作ったあとに茹で汁を使ってスープにしていますが、ない場合は鶏がらスープの素のみで作ってもよいでしょう。ラー油の量を調整することで、お好みの辛さに合わせられます。

【汁物】白菜とにんじんのとろみ中華スープ

白菜とにんじんを使った中華風のスープです。春巻きの献立に取り入れると、ビタミンや食物繊維をプラスし、献立全体の栄養価を高めてくれますよ。

春巻きは茶色っぽく、食卓に彩りが少なくなってしまいやすいので、スープには彩りのよいものを選ぶようにするとよいでしょう。ニラや小松菜など濃い緑の野菜を加えると、彩りがさらによくなります。

春巻きに合う献立レシピの種類を増やしておうち中華を楽しもう!

春巻きに合わせたい、副菜、汁物のレシピを8品ご紹介しました。作りたいレシピは見つかりましたか?
春巻きは茶色く、彩りが偏りやすいので、野菜を多く使った、彩りのよい副菜や汁物を合わせるようにしましょう。

ぜひ、記事を参考に、ご自宅で春巻きの献立を楽しんでくださいね。

この記事の作者

植草真奈美 さん
植草真奈美

管理栄養士・フードコーディネーター。保育園で栄養士の実務経験を積んだのち、大手料理教室へ。本社商品開発部でレシピ開発を担当後、ヘルスケア事業部の立ち上げに携わる。独立後はレシピ開発やコラム執筆をはじめ、セミナー講師、実業団への栄養指導のほか、離乳食メディアの監修なども手がける。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

応援!おうちごはんのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

楽天レシピ プレミアムサービス開始!3日分献立でラクしよう
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る