今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

【花嫁キッチン】レッスン#8: 絶品でおいしい「ハンバーグ」作りのポイント

4,832 view
【花嫁キッチン】レッスン#8: 絶品でおいしい「ハンバーグ」作りのポイント

みんな大好きなハンバーグ!レストランで食べるハンバーグももちろんおいしいですが、意外によく聞くのが「家で食べるハンバーグがおいしい」という声です。今回は彼や旦那に「家のハンバーグが一番!」と言ってもらえるように、ハンバーグの作り方の基本をおさらいしましょう♪

おいしいハンバーグを作るには?

ハンバーグは、ひき肉や玉ねぎ、調味料などを捏ねて成形し焼く料理。簡単に作ることができますが、焼いている間に崩れてしまったり、中まで火を通す間に焦げてしまったりと、なかなか思うように作れないことも。でも大丈夫♪今回紹介する基本的なポイントを押さえれば、簡単においしく作ることができますよ。

【ポイント①】 肉だねをよく捏ねること

ハンバーグ作りの1番のポイントとも言えるのが、肉だねを粘りが出るまでよく捏ねることです。ボウルにひき肉と塩を入れたらよく捏ねます。よく捏ねてから、焼くことできれいな形を保って焼くことができます。また、塩には保水作用があるので、肉汁を保つ働きがあります。

【ポイント②】 焼き色を付けてから蒸し焼きに

肉だねを成形したら、フライパンに油を入れて、肉だねを焼きましょう。両面に焼き色を付けてから、蓋をして蒸し焼きにします。ハンバーグは中まで火が通るのに時間がかかるので、弱火にして蒸し焼きにすることで、しっかりと火を通すことができます。

肉汁を使えばグレイビーソースも簡単♪

ハンバーグを焼いた後のフライパンには、ハンバーグのうま味である肉汁が残っています。このフライパンに、ソースやケチャップなどの調味料を加えてサッと煮込めば、簡単にグレイビーソースを作ることができますよ。

(テキスト: 管理栄養士 若子 みな美)

まずは基本のハンバーグを!

合いびき肉と玉ねぎで作る基本のハンバーグ。ナツメグを加えることで、肉臭さを消すことができます!「我が家の定番料理」に加えてみませんか?

煮込みハンバーグで一気に本格的♪

基本の次にマスターしたいのが煮込みハンバーグ。きのこたっぷりのソースが本格的ですね♪

さっぱり食べたい時におすすめ♪

玉ねぎではなく蓮根を加えて作るハンバーグ。和風の味でさっぱりと食べることができますよ♪

豆腐だけで作るからダイエット中にも◎

肉を一切入れず、豆腐で作るハンバーグ。ひじきとにんじん入りで、食物繊維も一緒に摂取できますよ。

ハンバーグ✕カレーの黄金コンビ!

煮込みハンバーグをカレー味にしたら、彼が喜ぶこと間違い無し!チーズをかけてもおいしそうですね♪

作者紹介

若子 みな美
管理栄養士・フードコーディネーター
雑誌の連載、レシピ開発と撮影、栄養や料理に関する記事の執筆や監修を中心に活動。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してさまざまな視点からコーディネートしている。
ホームページでは簡単オリジナルレシピを発信中。http://orangekitchen.info/

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

料理:
人気メニュー
ハンバーグ
ハンバーグステーキ
料理:
人気メニュー
ハンバーグ
煮込みハンバーグ
料理:
人気メニュー
ハンバーグ
和風ハンバーグ
料理:
人気メニュー
ハンバーグ
照り焼きハンバーグ
料理:
人気メニュー
ハンバーグ
その他のハンバーグ
楽天レシピメルマガ会員募集中!
【楽天市場】ママ割|妊娠・出産・育児を支えるファミリーのためのサービス
結婚を意識したあなたのためのWebマガジン | Marry me|楽天ウェディング
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天ブックス: ママストア 子育て・家事をがんばるママへ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲【花嫁キッチン】レッスン#8: 絶品でおいしい「ハンバーグ」作りのポイントのページ上部へ