「カリフラワー」を使った作り置きレシピまとめ

朝から晩まで大活躍!「カリフラワー」の作り置きレシピを集めました。今回のテーマは、「酢、マヨネーズ、シチュー・ポタージュ」です♪

カリフラワー × 酢

カリフラワーの旬は秋から冬です。色は白く、ズシリと重いものを選びましょう。
酢と合わせたマリネや、和風の酢漬けは、時間が経つほどに、味がなじみおいしくなりますね。
お弁当に入れるときは、水分を切って詰めましょう。

カリフラワーの甘酢漬け

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

カリフラワーを下茹でするときは、たっぷりの湯を沸かし、酢を入れて茹でると白く茹であがります。
茹であがったら、ざるに上げて水分を切ります。
漬けるときは、調味液に浸るように漬けましょう。時間が経つほどに味がなじみます。

カリフラワーのカレーマリネ

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

カリフラワーとカレーのスパイシーな香りが食欲をそそる、マリネです。マリネ液はカリフラワーが熱いうちに漬け込めば、よく味がなじみます。お好みで、にんじんを加えても、彩りがよくなりますね♪
カレー粉を増やしたり、ローリエや粒こしょうを入れても◎

カリフラワー × マヨネーズ

マヨネーズのコクと、カリフラワーがよく合います。
カリフラワーを下茹でしたら、ザルにあげて水分を切るのがポイント!水にさらすと、水っぽくなるので気をつけましょう。

カリフラワーのマヨネーズごま和え

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

作り置きのときは、カリフラワーと和え衣を和えずに保存し、食べるときに和えると水っぽくなりませんね。
にんじんやじゃがいも、インゲンなどを組み合わせても、彩りも栄養価もよく仕上がります。
冷やして食べても、温め直してホットサラダのようにして食べても◎

カリフラワーの炒め物

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

カリフラワーを、カレー粉とマスタードで味付た、スパイシーな炒め物。マヨネーズの油で炒めるので、コクが加わります。
カリフラワーを、硬めにゆで上げるのがポイント!炒めながら、丁度良い硬さに仕上げましょう。

カリフラワー × シチュー・ポタージュ

旬が冬のカリフラワー。シチューやポタージュにすれば、ぽかぽか体が温まるメニューの完成です!
作り置きするときは、しっかり火を通してから冷蔵や冷凍で。食べる前にも、焦げないように沸騰させてから、食べましょう。

ホワイトシチュー

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

ホワイトシチューは、焦がさないように作るのが、ポイント!
鍋で肉や野菜を炒めるときは、ヘラで鍋底をこするように、炒めてかき混ぜましょう。
肉が入っているので、加熱は十分に。作り置きしたときは、食べる前にも、しっかり再加熱しましょう。

カリフラワーのポタージュ

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ

管理栄養士からのアドバイス

カリフラワーと豆乳で作る、ポタージュは、体が暖まる、優しい味わい。
材料をミキサーにかけて、豆乳を加えたら、もう一度火にかけると、安心です。
多めに作って、冷凍保存すれば、いつでもおいしいポタージュが食べられますね♪

記載の保存期間は目安です。
保存の状態や作る時に使用する食材により、多少異なる場合もございますのでご注意ください。

作り置きのコツ

カリフラワーに関する作り置きレシピ

管理栄養士による保存期間やコツのアドバイス付き♪まとめ買い&まとめ調理で、食費も時間も節約しよう!

おすすめの特集

もっと見る