現在地
 > 

「ししゃも」を使った作り置きレシピまとめ

作り置きレシピまとめ

朝から晩まで大活躍!「ししゃも」の作り置きレシピを集めました。今回のテーマは、「揚げる」「煮る」です♪

ししゃも × 揚げる

ししゃもを揚げるレシピです。骨まで食べられるししゃもを揚げれば、サクサクと子供も食べやすいですね。
冷凍すれば、保存もききますよ。
作り置きしておけば、お弁当のおかずにも、手軽で便利です。

ししゃもフライ

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷凍:
1週間
材料
ししゃも、塩、こしょう、≪衣用≫小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油
時間
約30分
費用
300円前後
つくったよ
23
投稿者:メリッコ
管理栄養士からのアドバイス
ししゃもに下味がついていれば、冷めてもおいしく食べられ、お弁当のおかずにもいいですよ。
衣をつけたら、ラップで密封して、冷凍しましょう。揚げる前に冷蔵庫で解凍します。
中までしっかり火を通して、揚げましょう。

ししゃもフリッター

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷凍:
1週間
材料
ししゃも、<フリッターの衣>、卵、牛乳(または水)、小麦粉
つくったよ
9
投稿者:グルヤマ
管理栄養士からのアドバイス
ししゃもにフワフワの衣をつけて揚げた、フリッターのレシピです。
しっかりと中心まで火を通して、冷凍して保存しましょう。
電子レンジで中まで温めてから、フライパンやトースターで仕上げれば、カリッと温まりますよ。

ししゃも竜田揚げ

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷凍:
1週間
材料
ししゃも、みりん、酒、醤油、すりおろししょうが(チューブ)
投稿者:kutukutsu
管理栄養士からのアドバイス
作り置きするときは、ししゃもを調味液に漬けて、冷凍します。
食べる前に、冷蔵庫で解凍して水分を軽くふき、粉をつけて揚げます。
味が濃い目なので、レタスなどたっぷりの野菜と一緒に食べるのがおすすめです。

ししゃも × 煮る

焼いて食べることが多いししゃもも、煮て食べると一味違ったおいしさです。
甘辛い味付けは、ごはんにもよく合います。
濃い目の味付けが、保存性をよくし、作り置きにもピッタリ!
食べる前には、再度しっかり火を通しましょう。

ししゃも昆布巻き

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
3日間
冷凍:
1週間
材料
昆布、ししゃも、かんぴょう、【煮汁の調味料】、酢
時間
1時間以上
費用
500円前後
つくったよ
2
投稿者:スイート ローズ
管理栄養士からのアドバイス
焼いたししゃもを巻いて、昆布巻きを作りましょう。
昆布には食物繊維が多く含まれていて、血糖値の急な上昇を抑えたり、コレステロールを下げる効果があります。また、腸のお掃除もしてくれますよ。
作り置きしておけば、手軽に取り入れられますね。

ししゃもの煮物

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
3日間
冷凍:
1週間
材料
ししゃも、昆布、干し椎茸、生姜、●昆布、椎茸の戻し汁
時間
約30分
投稿者:アルプスの乙女
管理栄養士からのアドバイス
昆布と干ししいたけからだしがでて、おいしくなります。
濃い目の味付けが、日持ちをよくしてくれます。
昆布が柔らかくなって、ししゃもに火が通ったら、水分を減らすように煮汁を煮詰めましょう。

ししゃもの佃煮

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
3日間
冷凍:
1週間
材料
冷凍シシャモ、酒、砂糖、みりん、醤油
時間
約10分
費用
300円前後
投稿者:みかんママ55
管理栄養士からのアドバイス
ししゃもを甘辛く煮た、佃煮のレシピです。
水分をとばした濃い目の味付けが、保存性をよくします。
焦げ付かないように、火加減に注意しながらしっかりと火を通します。
保存するときは、冷ましてから冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。
※保存期間は冷蔵での目安です。
保存の状態や作る時に使用する食材により、多少異なる場合もございますのでご注意ください。
関連カテゴリの作り置きレシピまとめ
ししゃもに関連する豆知識

ししゃもに関連する保存方法、下処理、ゆで方や炊き方など、お料理のコツやヒントを集めました。

おすすめの作り置きレシピまとめ

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲「ししゃも」を使った作り置きレシピまとめのページ上部へ