今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

冷たい食べ物の食べすぎは太りやすくなる?!気をつけるポイントは?

6,819 view
冷たい食べ物の食べすぎは太りやすくなる?!気をつけるポイントは?

暑くなるとついつい冷たい飲み物をたくさん飲んでしまったり、冷たい麺類やアイスなどのお菓子を食べることが増えてしまいますね。確かに、暑い時の冷たいものはとても美味しいのですが、体やダイエットのことを考えると、取り過ぎはよくありません。

冷たいもので痩せにくい体にも?!

冷たいものを食べると内臓の機能が低下し、消化能力が落ちるため、夏バテや、食欲低下、下痢などの原因となります。ダイエット中ならちょうどいい・・・なんて思ってはいけません!必要な栄養素を十分に取れないと、ますます夏バテが進み、体調が悪くなるだけでなく、肌や腸内環境も悪化してしまいます。また、むくみやすくなり、体に老廃物がたまりやすくなります。「健康的に痩せる」ということを、必ず意識するようにしましょう。

それから、冷たいものを多く食べると基礎代謝が下がりやすくなり、痩せにくい体になってしまいます。ダイエット中は、基礎代謝を下げないことが大切です。また、内臓が冷えることで、お腹周りが冷え、脂肪がつきやすくなるという危険もあります。

アイスクリームや清涼飲料水に特に注意!

冷たい甘い飲み物、清涼飲料水、アイスクリームなどは砂糖がたくさん含まれているので、思った以上にカロリーが高くなりがちなので注意が必要です。溶けたアイスクリームが甘すぎた!という経験はありませんか?甘みは、冷たい温度では感じづらく、体温くらいの温度で一番強く感じます。ダイエット中にはとくに気をつけたいですね。

アイスクリームは、砂糖だけでなく脂質も多く含まれダイエットには不向きですので、脂質の少ないシャーベットを選ぶと、カロリーダウンできます。また、清涼飲料水で「カロリーオフ」など書いてあるものもありますが、500mlのペットボトルをすべて飲むと100~150kcalほどになるものも多くあります。ダイエット中は、清涼飲料水は避け、常温の水やお茶にするとよいでしょう。

どうしても冷たいものを楽しみたい時に・・・

とはいえ、暑い日に冷たいものを一切食べずに過ごすのは、厳しいですね。冷たいものを食べる時には、飲み物をキンキンまで冷やさない、冷蔵庫に入れた飲み物を飲むときはがぶ飲みせずにゆっくり飲む、氷をいれる場合は1~2個にする、冷たい食べ物を食べたら常温のものを飲む、など、できるところから工夫をし、冷たい食べ物と上手に付き合っていきましょう。

(テキスト: 岡田 あや)

ダイエッターさんにもおすすめの冷たい物のレシピ

作者紹介

岡田 あや
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
株式会社シダックスにて社員食堂・病院で献立作成、厨房業務、衛生管理指導などの委託給食業務に携わる。
その後、特定検診・保健指導で、メタボリックシンドロームの方を対象にした栄養指導、料理サイトのコラム執筆、テレビ出演などを中心に活動している。

関連するレシピカテゴリ

季節・イベント:
夏(6月~8月)
夏バテ対策
食材:
飲みもの
ソフトドリンク
その他のソフトドリンク
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲冷たい食べ物の食べすぎは太りやすくなる?!気をつけるポイントは?のページ上部へ