現在地
 > 

「とうみょう(豆苗)」を使った作り置きレシピまとめ

作り置きレシピまとめ

朝から晩まで大活躍!「とうみょう(豆苗)」の作り置きレシピを集めました。今回のテーマは、「お浸し」「炒める」です♪

とうみょう(豆苗) × お浸し

とうみょうは、えんどう豆の芽が伸びたもので、中華料理でよく使う野菜です。
皮膚や粘膜の健康に役立ち、アンチエイジング効果のあるビタミンAや、食物繊維、ビタミンB群やビタミンCも多く含まれている、栄養価の高い野菜です。作り置きしておいて、手軽にたくさん食べましょう。

とうみょうのお浸し

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
5日間
材料
豆苗、◆だし汁◆、◆醤油◆、◆砂糖◆、塩
時間
5分以内
費用
100円以下
つくったよ
3
投稿者:★まつ26★
管理栄養士からのアドバイス
甘めの浸し地で作るお浸しです。とうみょうは歯ごたえが残るように、茹ですぎに気をつけましょう。茹でてから切った方が、水溶性のビタミンが流れ出るのを防ぎます。
作り置きするときは、浸し地につかるように冷蔵で保存しましょう。

【電子レンジ】とうみょうのお浸し

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
5日間
材料
豆苗、かつおぶし、めんつゆ
時間
5分以内
費用
100円以下
つくったよ
30
投稿者:UQママ
アレンジレシピ
管理栄養士からのアドバイス
電子レンジで加熱するだけで、簡単に一品ができます。
アクが気になるときは、加熱してから水にさらしましょう。作り置きしておけば、アレンジ次第で一味違ったお浸しが食べられます。

とうみょう(豆苗) × 炒める

とうみょうに含まれているビタミンAは、皮膚や粘膜の健康に役立ち、アンチエイジング効果もあります。
油と一緒に摂ることで、吸収が良くなるので、炒め物レシピでたくさん食べましょう。

とうみょうのにんにく炒め

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
5日間
材料
豆苗、もやし、にんにく、塩、ウェイパー(あれば)
時間
5分以内
費用
300円前後
つくったよ
19
投稿者:ひしょ1125
アレンジレシピ
管理栄養士からのアドバイス
とうみょうは中国野菜。にんにくやごま油との相性も◎
もやしは、水っぽくなりやすいので、強火で水分を飛ばすように炒めましょう。
ひげ根をとれば、食感も良くなります。

とうみょうとじゃこの炒め物

  • 冷凍保存
  • お弁当
  • アレンジ
冷蔵:
3日間
材料
豆苗、ちりめんじゃこ、みりん、料理酒、醤油
時間
5分以内
費用
300円前後
つくったよ
5
投稿者:ぐーちゃんこ
管理栄養士からのアドバイス
じゃこから、塩味と旨味がでます。
炒めるときは、強火で水分を飛ばすように。
調味料を入れる前に火を弱めて、焦げ付きを防ぎます。
濃いめの味付けにすると、ごはんが進み、お弁当にもピッタリです!
※保存期間は冷蔵での目安です。
保存の状態や作る時に使用する食材により、多少異なる場合もございますのでご注意ください。
関連カテゴリの作り置きレシピまとめ
【Googleアシスタント×楽天レシピ】サービス開始!

おすすめの作り置きレシピまとめ

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲「とうみょう(豆苗)」を使った作り置きレシピまとめのページ上部へ