花螺李(ガラリ/奄美すもも)のミントティコンポート レシピ・作り方

花螺李(ガラリ/奄美すもも)のミントティコンポート
  • 約10分
  • 300円前後
嵯峨 恭也
嵯峨 恭也
南高梅ほど小ぶりで、鮮やかな赤い果肉と、シャキッとした歯触りのガラリの特徴を活かして、味もサイズも食べやすいコンポートにしました。

材料(3人分)

  • 花螺李(ガラリ/奄美すもも) 9〜10個
  • 白ワイン 100cc
  • ミントティ※濃いめに抽出 200cc
  • グラニュー糖 40g
  • 日向夏orレモンの皮 1/2個分
  • レモン汁 小さじ2

作り方

  1. 1 ガラリは完熟していないものを使用し、皮をよく洗ったら、ひと筋くぼみのある方向へ縦半分にカットします。
  2. 2 ステンレスかホーローの鍋に白ワインとミントティー(今回はTWGのアレキサンドリアを使用)、グラニュー糖を加えて弱火にかけ、グラニュー糖を溶かし混ぜます。
  3. 3 2へ日向夏の皮と1のガラリをそっと加え、ぐつぐつ煮立てないよう、弱火で5分ほど静かに煮ます。
  4. 4 3のガラリの皮がめくれず、切り口の皮の色がかすかに退色する程度まで煮たら、火を止めて完全に冷まします。
  5. 5 4から日向夏の皮とガラリを取り出し、煮沸消毒した瓶へ移したら、残りのシロップを半量くらいまで煮詰めて再び冷まし、レモン汁を加えてガラリが入った瓶へ流し入れます。
  6. 6 5を冷蔵庫で冷やして味を馴染ませれば完成です。
    そのまま頂くのはもちろん、ヨーグルトやアイスに添えても美味しいですよ。

きっかけ

生食では酸味が強いガラリを美味しく頂きたくて

おいしくなるコツ

日向夏の皮は香りが穏やかで苦味も少なくオススメですが、ガラリより出回る時期が早いため、皮だけ冷凍保存しておいて、凍ったまま使うとよいです。

  • レシピID:1880012143
  • 公開日:2016/06/20

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
その他の果物
料理名
すもものミントティコンポート
嵯峨 恭也
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

おすすめの特集

もっと見る