現在地
 > 

食用菊のゆで方 レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
1

0

簡単だった

0

節約できたよ

0

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料3~4人分

  • 食用菊

    150グラム

  • 適宜

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
食用菊のゆで方

秋の味覚、食用菊をゆでるまでの過程です。これをそのままおひたしで食べたり、酢のものにしたりいろいろ利用できます

作り方

  • 1

    食用菊です。

  • 2

    花びらを外して行きます
    (外す時に注意があります。3番4番を参考にしてください)

  • 3

    中央部分は残します。花の下から挟むようにして長い花びらを外して行きます。真ん中の短いところと、しべのあるところは残します。

  • 4

    ちょうどこの部分が残る部分です。苦くなるので混ぜないようにします

  • 5

    花びらを外したところです。砂などがついていることがあるので、ざるに入れたまま、大きめのボールなどに水を流し入れながらさっと洗います。2,3回繰り返して汚れを落とします

  • 6

    水を流しながら洗っているところです。

  • 7

    鍋にお湯を沸かし、沸騰してきたら、酢を加えます。私の場合、たらーっと回すようにして入れました(大さじ2くらいでしょうか)

  • 8

    再度、沸騰したところへ菊の花びらを入れて、全体がお湯に浸るように菜箸などで返すようにしながら全体をなじませます

  • 9

    お湯になじませると花びらの色が少し透き通ったように変わります。全体になじんだところで、火を止めます(時間にして、30秒~40秒くらいでしょうか)

  • 10

    すぐにざるに上げお湯を切り、冷たい水を張っておいたボールにつけて全体をさっとかき混ぜたらざるの水を切って、菊の水気を軽く切ります。

  • 11

    好みの量を器に盛ります。
    我が家は酢醤油でいただきます。
    このほかに、漬物の彩りにしたり、焼き魚の脇に少しつけたり、また酢のものにするのもいいでしょう。

  • 12

    こちらは薄紫の花びらのもってのほか菊です。
    同じように酢を入れて湯がくと、鮮やかな色になります(今回のは少し色が出にくかったです)

  • 13

    こちらは薄紫の方です。

  • 14

    小さい小鉢に入るくらいの量にして、ラップで包んだ後、ジッパー付きの冷凍用袋に入れて冷凍しました。あとは食べたい時に自然解凍(冷蔵庫で)するといつでも食べられます

  • 15

    こちらも同じように冷凍保存しました

きっかけ

毎年、秋の味覚として菊の花をゆでます。この時期は短いので、機会があればたくさんゆでて(量が多い時は大鍋にしますが、一度にあまりたくさんゆでると色が悪くなるので、適当な量で)冷凍して冬の間に何度か出して食べています。定番のものです。

おいしくなるコツ

お湯はたっぷり目に用意します。一度茹でたら、そのお湯は捨てます。
花びらを外す時に、真ん中の部分の短いところとしべの部分は使いません。混ぜると苦くなりますので、捨てます。

レシピID: 1430004749

公開日:2013.10.31

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

節約できたよ 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

つくったよレポート 1件(1人)

  • 2014.10.27

    こんにちは~^^
    酢を入れると色が鮮やかになりますね♪綺麗に茹で上がりました♡これから色々と料理に使いたいと思います
    (。✪‿✪。)

    おっぱっぴー★さんへ

    そうなんです。
    酢を入れると色がきれいになりますよ。
    おいしそうにゆで上がりましたね。
    つくレポありがとうございます。(*^_^*)

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
おひたし
料理用途
普段の料理 おもてなし おつまみ

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲食用菊のゆで方のページ上部へ