今日のごはんから使える”おいしい”ヒント

子供は果物はいつから食べられる?アレルギーの心配はあるの?

4,151 view
子供は果物はいつから食べられる?アレルギーの心配はあるの?

甘くみずみずしい食感で、子供も大好きな果物。離乳食が進み果物を初めて食べさせるときは、どんな果物からあげたら良いのか疑問に思うママも多いです。バナナやりんごは食べやすそうなイメージがあるけど、他にも果物の種類はたくさんありますよね。

果物はいつから食べられる?

離乳食を始めた5~6ヶ月から食べることができます。自然な甘みがあるので、野菜が苦手な赤ちゃんでも食べやすい食材です。
昔は、生後2~3ヶ月から果汁を飲ませる習慣がありましたが、現在では離乳食が始まりおかゆに慣れてから、赤ちゃんの様子を見て取り入れていくのが一般的です。無理に早い時期から与える必要はありません。

食べ始めにおすすめの果物は?量はどのくらいならOK?

赤ちゃんが上手に飲みこめるよう「すりおろし」や「ペースト状」にしやすい果物から始めましょう。初期(5~6ヶ月)では、りんご・バナナ・桃・いちご・みかん・すいか・梨などがおすすめです。中期(7~8ヶ月)では柿・ぶどう・キウイフルーツ、後期(9~11ヶ月)ではさくらんぼ・ラズベリーやブルーベリーなどの冷凍果物が食べられるようになります。(※1)
しかし、パイナップルやマンゴーなどの南国の果物は消化酵素を多く含み刺激が強いため、子供には不向きな果物です。食べさせる場合には2歳以降を目安にしましょう。

1日の摂取量は、乳児は100g、幼児は100~150g、小学生以降は200g程度が目安になります。(※2)

果物を与える時の注意点!

一番の注意点は「アレルギー」です。果物にもアレルギーを引き起こす原因となる物があります。特に注意が必要なのは、オレンジ、キウイフルーツ、桃、りんご、バナナです。(※3)初めて食べさせる時には必ず加熱をし、スプーン1杯程度の少量から慎重に。子供の体調に変化がないか注意深く様子をみるようにしましょう。

これらの果物に限らず、新しい種類の果物を試す際には加熱をするのが安心です。消化を良くしたり、アレルギーの原因となる酵素を減らすことが期待できます。また、赤ちゃんの消化機能は未発達なため、繊維の多いものは内臓に負担をかけてしまうことも。果汁がしぼれる果物の場合、はじめは果汁から与えるのが望ましいです。

果物に含まれる栄養素・食べるメリット

果物は、ビタミンC、βカロテン、カリウム、食物繊維などの栄養素を豊富に含み、
・免疫力を高めて風邪や病気の予防をする
・健やかな肌をつくる
・腸内環境を正常化しお腹の調子をととのえる
など、子供の健康を保つのに大切な役割を持ちます。

「野菜が苦手であまり食べない」という子供は特にこれらの栄養素が不足しやすいため、デザートやおやつなどに果物を食べる習慣を付けると良いでしょう。また、果物のカラフルな色素成分には、フィトケミカルという抗酸化物質が豊富に含まれ、色によって体内での働きが異なります。赤やオレンジ、黄色など様々な色の果物を食べて、毎日を元気に過ごすための栄養を摂取しましょう!

(テキスト: 管理栄養士 板垣 好恵)

(※1)山元倫明(2014)『月齢ごとに「見てわかる!」離乳食新百科』(株)ベネッセコーポレーション
(※2)『食事バランスガイド』農林水産省
(※3)『授乳・離乳の支援ガイド』厚生労働省

果物を使った子供向けおやつレシピ♪

作者紹介

板垣 好恵
管理栄養士・ヘルスフードカウンセラー
十文字学園女子大学人間生活学部食物栄養学科を卒業。
「食の大切さ、手作りの楽しさや幸せ」を伝えるため、大手料理教室にて料理・パン・ケーキの講師を務め、1万名以上の生徒を担当する。
現在は、妊活中の女性・妊婦さん・産後ママに向けての料理教室や食事指導、栄養セミナーを行う他、雑誌のコラム執筆、商品開発、イベント出演など多方面で活動中。一児の母。

関連する記事

関連するレシピカテゴリ

食材:
果物
バナナ
食材:
果物
りんご
食材:
果物
冬の果物
みかん
目的・シーン:
健康料理
離乳食
離乳食7~8ヶ月(モグモグ期)
目的・シーン:
健康料理
離乳食
離乳食9~11ヶ月(カミカミ期)
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ
【Google アシスタント×楽天レシピ】レシピ探しをちょっと楽しく便利に♪

▲子供は果物はいつから食べられる?アレルギーの心配はあるの?のページ上部へ