楽天レシピ編集部や栄養士、料理専門家がお届け!食に関するマガジン

美肌に欠かせない「コラーゲン」の正しい摂り方&おすすめの食べ物

29,961view 2016/12/07 07:00 健康・ダイエット
美肌に欠かせない「コラーゲン」の正しい摂り方&おすすめの食べ物
コラーゲンとは?

コラーゲンはタンパク質の一種で、お肌以外にも血管壁の弾力や関節、腱など体のあちこちに存在しています。

では、お肌とコラーゲンの関係はどのようなものなのでしょうか。
私たちのお肌は外側(目に見えている部分)から順に、表皮、真皮、皮下組織に分けられますが、コラーゲンは「真皮」の部分に存在し、お肌の水分量を保つことで潤いやハリを守ると言われ、美肌に重要な成分だとされています。

コラーゲンが多く含まれる食べ物とは?

コラーゲンは鶏手羽や軟骨、牛すじ、ふかひれなどに多く含まれます。
また、私たちのお肌の真皮に存在していることから分かるように、いわゆる「皮と身の間」にも存在しますので、鮭やブリなどの皮の内側にも多く含まれています。こういった魚や肉を皮ごと煮た後、煮凝りができるのはコラーゲンが含まれているからなのです。

コラーゲンの正しいな摂り方とは?

コラーゲンを摂るポイントは2つ。
まずは「皮」や「骨」も一緒に調理するということです。
肉や魚の場合、コラーゲンは皮と身の間や軟骨・腱の部分に多く含まれていますので、皮ごと・骨ごと調理し、スープに溶け出たエキスもいただきましょう。

2つ目はビタミンCを摂ること。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、野菜や果物、イモ類に多く含まれますので、煮込み料理はもちろん、サラダやデザートとして食事のメニューに組み合わせるとコラーゲンが摂りやすいお手軽レシピの完成です!

コラーゲンは食べても意味がない、は本当?

コラーゲンはタンパク質の一種ですので、体内に入るとコラーゲンも分解されて「アミノ酸」という形で吸収されます。つまり、コラーゲンをとってもそのままの形で吸収されることではないのです。

それでは意味がない?と思われるかもしれませんが、お肌を含むタンパク質はアミノ酸が組み合わさってできていますので、体内に十分なアミノ酸を摂り入れることは美肌の材料を取り入れていることにもなります。

コラーゲンを含む食べ物は効果がない!ではなく、全身のメンテナンスに役立つ食べ物でもあるということだと考えられます。

美味しく食べてトータルビューティケアを始めてみませんか。

(テキスト: 磯村 優貴恵)

この記事の作者

磯村 優貴恵 さん
磯村 優貴恵

管理栄養士・料理家
関東学院大学人間環境学部健康栄養学科を卒業。
大手ダイエットサロンでの食事指導の際に具体的なメニューや調理法の必要性を感じ、退職後3年間の料理経験を積む。
現在は子供から大人まで家族みんなが美味しく食べられるレシピや栄養情報を誌面やWebにて発信するほか、商品開発なども手掛ける。

関連する記事

    デイリシャス配下共通/アクセスランキング上部のチームサイト枠      

健康・ダイエットのランキング

    デイリシャス配下共通      

ジャンル一覧

楽天レシピ プレミアムサービス開始!3日分献立でラクしよう
【楽天市場】Rmagazine|雑誌コラボ情報など旬の話題の情報発信サイト


おすすめの特集

もっと見る