子どもの日に!北海道の定番☆べこ餅 レシピ・作り方

子どもの日に!北海道の定番☆べこ餅
  • 約1時間
  • 300円前後
なまけ六郎
なまけ六郎
北海道の子どもの日の定番おやつ、べこ餅。一度自分で作ってみたくて、いろいろなレシピを参考にしながら考えました。

材料(小さめ12個人分)

  • ☆上新粉 85g
  • ☆白玉粉 40g
  • ☆白砂糖 70g
  • ☆水 70cc
  • ★上新粉 85g
  • ★白玉粉 40g
  • ★黒砂糖 70g
  • ★水 70cc

作り方

  1. 1 ☆の材料は白い部分、★の材料は黒い部分の材料です。大きめのボールを2つ用意します。蒸し器にお湯を沸かして準備しておきます。
  2. 2 まずは白い生地から。上新粉と白玉粉をボールに入れて、木べらなどで軽く混ぜ合わせておきます。
  3. 3 小なべに水と白砂糖を入れて、砂糖を溶かします。
  4. 4 2のボールに、3の白蜜を入れて、木べらでかきまぜ、ひとまとまりにします。ラップかふきんをかけて置いておきます。
  5. 5 次に黒い生地。白い生地と同様に、水に黒砂糖を煮溶かして黒蜜を作り、上新粉と白玉粉の入ったボールに入れてかきまぜます。
  6. 6 両方の生地を蒸し器に入れて、弱火で20分ほど蒸します。
  7. 7 蒸しあがったら、白と黒の生地をそれぞれのボールに戻し、すりこぎ棒に水をつけながらこねます。けっこう力が要ります。私は、冷めてきたら手でこねましたが、やけどに注意です。
  8. 8 こね終わったら、それぞれの生地を棒状にのばして、ねじります。包丁で12等分して、成型していきます。白と黒の配分はお好みですが、大体同じくらいの量だと見た目が美しいかと思います。
  9. 9 手のひらに水をつけながら、生地を一旦丸めて、楕円形→両端をつまんで葉っぱの形に成型します。竹串などで、葉脈を書きます。
  10. 10 成型が終わったらクッキングペーパーに並べ、もう一度蒸します。6~7分くらい。
  11. 11 蒸しあがったら取り出して、うちわなどで扇いで冷まします。つやが出て、とてもおいしそう。

きっかけ

子どもの日にチャレンジしようと思っていましたが、時間がなくて断念。甘い物好きな義父母に、母の日に作って持って行きました。

おいしくなるコツ

蒸し器に生地を入れるとき、取り出す時、生地をこねるときなど、火傷に注意してください。砂糖の量は、各家庭の好みに合わせて調節してください。成型用の木型も売っているらしいです。お子様がいれば、ハート型とかアンパンマンとかもありかと。

  • レシピID:1420003633
  • 公開日:2012/05/15

関連商品

あなたにイチオシの商品

関連情報

カテゴリ
こどもの日
料理名
子どもの日に!北海道の定番☆べこ餅
なまけ六郎
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。
  • 最近スタンプした人

    スタンプした人はまだいません。

つくったよレポート(0件)

  • つくったよレポートはありません

このコメントを削除しますか?

レシピへのコメント

レシピへのコメントを表示する( 0 件)

おすすめの公式レシピPR

関連する献立

おすすめの特集

もっと見る