現在地
乾物  > 

干しえのき茸の作り方 レシピ・作り方

カテゴリ
総つくったよ数
8

0

簡単だった

2

節約できたよ

1

ログインしてスタンプを記録しよう♪

料理レシピ

材 料約4人分

  • えのき茸

    200g

お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと
干しえのき茸の作り方
  • 300円前後

スーパー等で売られている市販のえのき茸でOKです。

作り方

  • 1

    市販のえのき茸を用意しましょう。 1袋100gのえのき茸を2袋ほど用意するのが一番作りやすいです。

  • 2

    石突きの少し上の部分で切り落とします。 
    あまり切り過ぎてしまうと、えのきがばらばらになってしまうので注意!

  • 3

    中まで均等に乾燥しやすくするために、えのきを子房に分けます。

  • 4

    干し野菜ネットやざるなどに、お互いが重ならない様にまんべんなく並べます。

  • 5

    ベランダなど、太陽が当たり風通しが良い場所に干します。

    フルドライ(保存用)の場合には、2~3日間。
    セミドライ(調理用)の場合には2~4時間程度、日光に当てて干します。

  • 6

    セミドライ(調理用)の完成イメージです。

    少し色づき、触るとまだしっとりしている部分が残っている程度でOK。

    さっと水洗いすればそのまま料理に使えます。

  • 7

    フルドライ(長期保存用)の完成イメージ。

    全体が茶色に色づき、水分が全て飛んだ状態になればOK。

    調理の際には、さっと水で洗った後に10分~20分程度水で戻して使います。

  • 8

    完成した干しえのき茸は、ジップタイプの袋などに入れて保存しましょう。

    セミドライは冷蔵庫で5日ほど、フルドライの干しえのき茸なら、常温で3週間程度保存できます。

きっかけ

自家製の干し野菜作りにハマっていて、干しえのき茸が脂肪燃焼やダイエット効果もあるとTVで放送していたので作ってみました。 予想以上に簡単で美味しく出来たのでびっくりです。 干し野菜作りの入門編には最適だと思いますよ。

おいしくなるコツ

えのき茸は日光(紫外線)に2時間以上当てる事で、ビタミンDが増加する事が報告されています。
日光に当たる様にして長期間干すのが、干しえのきたけを美味しく仕上げる秘訣です。 
そのまま食べてもおつまみ感覚で美味しく頂けますよ♪

レシピID: 1090011096

公開日:2013.11.30

おすすめの公式レシピPR

あなたにイチオシの商品

つくったよスタンプ 3件

おいしかった 0

スタンプしたユーザーは、まだいません。

簡単だった 2

最近スタンプしたユーザー

  • たいつ03
  • cabon
節約できたよ 1

最近スタンプしたユーザー

  • 55あすちゃん

つくったよレポート 5件(5人)

  • 2017.11.25

    えのき、干せるんですね。旨味がギュッと詰まっていました。

    ツクレポありがとうございます♪ えのきは干すと味が濃厚になりますよね^^

    お返事を見る

  • 2016.06.23

    はじめてエノキを乾燥させました。おつまみ感覚で食べられて良いですね。

    作レポありがとうございます^^
    そのまま食べても美味しいですよね。
    フライパンで軽くいって塩を振ると更におつまみっぽくなりますよ^^

    お返事を見る

  • 2016.06.01

    いい感じに干せてます(^-^)どうやって食べようかなぁ〜楽しみ!

    作レポありがとうございます^^ 干しえのきはそのまま食べても美味しいですし、いろんな料理につかえますよ~♪

    お返事を見る

  • 2016.04.15

    Tom117さん、初めまして♪
    今日は風通しの良いお天気だったので干してみました。私もあのネットを使っていますよ~

    cabonさん、はじめまして。
    作レポありがとうございます♪

    干し野菜ネット、持っておくと便利ですよね^^

    お返事を見る

レシピへのコメント

関連情報

料理名
干しえのき茸の作り方
料理用途
普段の料理 おつまみ

あなたにおすすめの人気レシピ

おすすめの特集

もっと見る

楽天レシピラッキーくじ
スマホで簡単!楽天レシピ検索アプリ

▲干しえのき茸の作り方のページ上部へ